HOME 〉

BLOG ブログ

『料理通信』TRIPPA通信

BLOG

2018.5.15

・表紙裏話(1)――悩みに悩んだ7人のパン職人。

好評発売中のパン特集「これからのパン職人の仕事。」

今回もどんな表紙にするかを悩みに悩みました。
撮影現場の様子を3回に分けてお届けします。まずは当日の様子から。

撮影場所はアートディレクターの事務所「キングコンデザイン」。
スイーツやパンなど、商品を買い集めてから撮影をする、
という時にはしばしばこの場所で行われます。



大きな窓から自然光が入り、重厚なアンティークのテーブルがある。
アートディレクター(奥)は撮り方や配置を決め、
カメラマン(左)はテーブルと窓を交互に見ながら、光の入り方を考えています。

「あと30分で撮り終えた方がいいね」とか、
「あ、さっきと変ったね(太陽から届く光が)」とか、
カメラマンのアドバイスも参考に撮影時間の調整も。



パンを引き立てるふんわかした白い布の上に、並べてみる。



もっと並べてみる。
撮っては位置を変え、場所を入れ替えては撮り直しを何度か繰り返します。



スタンバイ中のこちらのパンは、手前が「ル・ルソール」の“パン エポートル”。
奥が「コメット」の“クロワッサン”。

ご登場いただいたのは7店のパン職人。二日間に分けて4人で買い回りました。
私の担当は「カタネベーカリー」と「コメット」。

実は今回は、撮影用とはお伝えせずに購入させていただくことに。
なぜなら、どんな表紙にするかが未確定部分が多かっただったからです。
当日、予定していた方向性が変更になる可能性もゼロではない。

「カタネベーカリー」の片根さんには私の顔が割れているので(笑)、
「ちょっと皆での勉強用に・・・」と苦し紛れな説明をしました。
片根さん、すみませんでした。(もちろん、後からご説明のお電話をしました)

「コメット」ではクロワッサンがつぶれないように、念入りに箱の準備をしたために、
結局最後には『料理通信』であることを白状することに!(先に名乗らずすみません)
過去の取材のお礼や記事の反響などをお話しした後、お店を後にしました。
またしても「ちょっと調べ物に・・・」というような謎の言葉を残して・・・。

皆で手分けして揃えた撮影用のパン。
こんな表紙になりました。経験を重ねた腕利きの職人によるパンばかりです。
どのパンがどちらのお店のものかは、次回お伝えしますね!



ちなみに過去、同じ場所で撮影が行われたのはこの表紙。

 


なんとなく、わかりますか?
(asai)
  • 2018年5月15日
  • |
  • カテゴリ・スイーツ&パン
  • |


ログイン

まだ会員になっていない方

現在登録しているメールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた

パスワードを忘れた方へ

パスワードを忘れた方は以下のフォームに登録時のメールアドレスを入力し、送信して下さい。
ご登録されているメールアドレスに仮パスワードをお送りします。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録

パスワードを忘れた方へ

パスワードを忘れた方は以下のフォームに登録時のメールアドレスを入力し、送信して下さい。
ご登録されているメールアドレスに仮パスワードをお送りします。

ご注意:送信ボタンは一度だけ押してください。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録

パスワードを忘れた方へ

ご登録されているメールアドレスに
仮パスワードをお送りいたしました。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録