HOME 〉

BLOG ブログ

『料理通信』TRIPPA通信

BLOG

2018.6.8

・表紙の目玉焼きは卓上コンロで撮りました。

発売したばかりの最新号「注目の若手シェフ46人のプロフィール&卵レシピ」。
表紙は、つややかな卵黄が目をひく「目玉焼き」です。



ガリッと焼けた白身の淵、ぷっくりと張った卵黄、ジュージューと鳴る油。
担当してくださったのは、東京・神楽坂「ボルト オー・クリヨー・ド・ヴァン」仲田高広シェフです。

ご用意くださった目玉焼きアイテム。
編集部からの依頼を受け、仕上げに使う、色味のあるスパイスも並んでいます。



オイルで焼くか、バターで焼くか、オイルで焼き始めて追っかけでバターを投入するか、など。
フライパンの中の表情を見ながら思考錯誤していただきました。

そして、実は、こんな風に撮影をしました。



ちょっと以外じゃないですか? 卓上コンロでやっています。

自然光が入る場所で撮影しようとカメラマン。
編集部が急きょ卓上コンロを調達し、ドアを開放して行いました。
外から差し込む光で白身も黄身もつややかに!

今回の気づきは「一つとして同じ卵はない」ということ。
皆さん、卵焼きのつくる時には、一つひとつの個性を見極めながら、
マイベストな焼き上がりを目指してくださいね! 
asai)
 
  • 2018年6月8日
  • |
  • カテゴリ・
  • |


ログイン

まだ会員になっていない方

現在登録しているメールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた

パスワードを忘れた方へ

パスワードを忘れた方は以下のフォームに登録時のメールアドレスを入力し、送信して下さい。
ご登録されているメールアドレスに仮パスワードをお送りします。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録

パスワードを忘れた方へ

パスワードを忘れた方は以下のフォームに登録時のメールアドレスを入力し、送信して下さい。
ご登録されているメールアドレスに仮パスワードをお送りします。

ご注意:送信ボタンは一度だけ押してください。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録

パスワードを忘れた方へ

ご登録されているメールアドレスに
仮パスワードをお送りいたしました。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録