HOME 〉

FEATURE



FEATURE / MOVEMENT

9/6~11/5 東京ミッドタウンの人気店で
サントリー日本ワイン バイ・ザ・グラスフェア開催! vol.1 和素材の奥に潜む味を引き出す、日本のソーヴィニヨン・ブランの理想形。
9/6~11/5 東京ミッドタウンの人気店で
サントリー日本ワイン バイ・ザ・グラスフェア開催! vol.1
和素材の奥に潜む味を引き出す、
日本のソーヴィニヨン・ブランの理想形。

「優れた日本のソーヴィニヨン・ブランを探していたんですよ」と、「てんぷら山の上 Roppongi」の寺岡正憲副料理長は語ります。
Read More...

Feature / Movement   Sep. 6, 2016

9/6~11/5 東京ミッドタウンの人気店で
サントリー日本ワイン バイ・ザ・グラスフェア開催! vol.3 信州の酒粕で作るわさび漬けと塩尻のロゼ、 導く先には豊かな食卓。
9/6~11/5 東京ミッドタウンの人気店で
サントリー日本ワイン バイ・ザ・グラスフェア開催! vol.3
信州の酒粕で作るわさび漬けと塩尻のロゼ、
導く先には豊かな食卓。

文政10年、約200年前に創業した信州小諸の味噌蔵をルーツとする「酢重ダイニング 六角」。
Read More...

Feature / Movement   Sep. 6, 2016

9/6~11/5 東京ミッドタウンの人気店で
サントリー日本ワイン バイ・ザ・グラスフェア開催! vol.4 甲州のほどよい酸味、フレッシュさが、ダイナミックな料理を受け止める。
9/6~11/5 東京ミッドタウンの人気店で
サントリー日本ワイン バイ・ザ・グラスフェア開催! vol.4
甲州のほどよい酸味、フレッシュさが、
ダイナミックな料理を受け止める。

「ユニオン スクエア 東京」は、NYで30年にわたってトップの人気を維持するレストラン「Union Square Cafe」の姉妹店。
Read More...

Feature / Movement   Sep. 6, 2016

9/6~11/5 東京ミッドタウンの人気店で
サントリー日本ワイン バイ・ザ・グラスフェア開催! vol.5 希少な肉と金賞受賞ワイン、互いを高め合うマリアージュ。
9/6~11/5 東京ミッドタウンの人気店で
サントリー日本ワイン バイ・ザ・グラスフェア開催! vol.5
希少な肉と金賞受賞ワイン、
互いを高め合うマリアージュ。

東京・六本木のザ・リッツ・カールトン東京「アジュール フォーティーファイブ」の料理長に宮崎慎太郎シェフが着任して2年。
Read More...

Feature / Movement   Sep. 6, 2016

食イベント「旅するひと皿」開催
食イベント「旅するひと皿」開催
夏の終わりに特別なひと皿を見つけに石見銀山へ!

環境に配慮し、人と自然が共生しながら鉱山運営を実現させたことが評価され、2007年、世界遺産に登録された「石見銀山(いわみぎんざん)」。
Read More...

Feature / Movement   Aug. 18, 2016

ARITAが見据えるこれからの400年
ARITAが見据えるこれからの400年
料理人が紐解くARITAの可能性
「一凛」 橋本幹造料理長 編

2007年、原宿の繁華街からやや奥まった場所にある閑静な一角に店を開いた橋本幹造さん。
Read More...

Feature / Movement   Aug. 22, 2016

ARITAが見据えるこれからの400年
ARITAが見据えるこれからの400年
今を生きる私たちに寄り添うようなARITAの活かし方を
「オルトレヴィーノ」古澤千恵さんに学ぶ

ソムリエで料理人である夫の古澤一記さんと鎌倉でエノガストロノミア「オルトレヴィーノ」を営む古澤千恵さん。
Read More...

Feature / Movement   Aug. 15, 2016

ARITAが見据えるこれからの400年
ARITAが見据えるこれからの400年
究極の器で至福の佐賀の食
井上萬二窯編

今年創業400年を迎える有田焼の世界で、「白磁の第一人者」といわれる井上萬二さん。
Read More...

Feature / Movement   Aug. 6, 2016

ARITAが見据えるこれからの400年
ARITAが見据えるこれからの400年
究極の器で至福の佐賀の食
弓野窯編

青磁というと、透明感のある青緑色を思い浮かべますが、中島宏さんの青磁には微妙にトーンが異なるさまざまな色合いがあります。
Read More...

Feature / Movement   Aug. 6, 2016

ARITAが見据えるこれからの400年
ARITAが見据えるこれからの400年
究極の器で至福の佐賀の食
今右衛門窯編

17世紀から19世紀にかけて、佐賀藩の御用窯としてつくられた色鍋島。今右衛門窯は、その伝統様式を今に伝える窯元です。

Read More...

Feature / Movement   Aug. 6, 2016

ARITAが見据えるこれからの400年
ARITAが見据えるこれからの400年
究極の器で至福の佐賀の食
柿右衛門窯編

17世紀に酒井田柿右衛門が確立した「柿右衛門様式」は、ヨーロッパにも輸出され、高級白磁メーカー・マイセンにも影響を与えたといわれています。
Read More...

Feature / Movement   Aug. 6, 2016







JOURNAL / EUROPE





JOURNAL / AMERICA





PEOPLE / PIONEER





PEOPLE / CHEF





FEATURE / WORLD GASTRONOMY





PEOPLE / CREATOR





PEOPLE / LIFE INNOVATOR





JOURNAL / JAPAN





JOURNAL / AUSTRALIA





JOURNAL / ASIA





MEETUP / REPORT





ログイン

まだ会員になっていない方

現在登録しているメールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた

パスワードを忘れた方へ

パスワードを忘れた方は以下のフォームに登録時のメールアドレスを入力し、送信して下さい。
ご登録されているメールアドレスに仮パスワードをお送りします。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録

パスワードを忘れた方へ

パスワードを忘れた方は以下のフォームに登録時のメールアドレスを入力し、送信して下さい。
ご登録されているメールアドレスに仮パスワードをお送りします。

ご注意:送信ボタンは一度だけ押してください。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録

パスワードを忘れた方へ

ご登録されているメールアドレスに
仮パスワードをお送りいたしました。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録