HOME 〉

FEATURE

〉

FEATURE / MOVEMENT





kiri® Premium Story
Vol.4
「キリ クリームチーズ」プロフェッショナルが選ぶ理由

chef interview① 小山 進 シェフ(パティシエ エス コヤマ)

Feature / MovementJul. 31, 2017

「お子さんからおじいちゃん、おばあちゃんまで、すべての方に満足いただけるスイーツを届けたいという僕の思いに応えてくれるのが、キリ クリームチーズです。」
と語るのは、国内外で活躍する「パティシエ エス コヤマ」オーナー小山進シェフ。
「修業先で初めて見たキリ クリームチーズは、当時には珍しく箱に入っていて、それだけで“本物”と感じました。若くして上質なものに触れたことで、モチベーションも上がりました。“これだけのいい素材を使いこなせる職人になりたい!”と、自分の進むべき道を示してくれた思い入れのある素材です。」

現在53歳の小山シェフと発売から51年を迎えたキリ クリームチーズは、いわば同世代。「出合ったのは縁があったからでしょう」と笑います。「クリームチーズを使った商品の約8割は、キリ クリームチーズを使っています。味、乳味感、ミルキーさ、どれも自分のスイーツに合致するからです。後に残る塩味も、次のひとくちへとつながる重要な要素だと感じます。」

出合いから30年以上。数あるクリームチーズの中からずっと「キリ クリームチーズ」を選び続ける理由を教えていただきます。




パティシエ エス コヤマ
小山 進 シェフ


京都府出身。大阪あべの辻調理師専門学校を卒業後、神戸「スイス菓子ハイジ」入社。カフェのフロアスタッフからキャリアを積み、のちにパティシエに昇格。その後、シェフ・パティシエ、商品開発部長を務めながら、各種の洋菓子コンクールにも参加。多数の優勝・受賞実績を誇る。2000年に独立し、2003年、兵庫県三田市に「パティシエ エス コヤマ」をオープン。現在、1500坪の敷地内にパティスリー、ブーランジュリー、ショコラトリーなど7ブランドを展開する。本の出版や異分野とのコラボレーションなど、活躍の場を広げる一方、2011年より「SALON DU CHOCOLAT Paris」への出展、2013年からは「インターナショナル・チョコレート・アワーズ2016 世界大会」への出品・受賞など海外にも進出。世界が注目するパティシエのひとりである。

◎「キリ クリームチーズ」に関する情報はこちら
http://www.bel-japon.com/kiri/treat/index.html

◎「キリ クリームチーズ コンクール」に関する情報はこちら
https://www.bel-japon.com/professional/kiricontest2017/











FEATURE / MOVEMENT





JOURNAL / EUROPE





JOURNAL / AMERICA





PEOPLE / PIONEER





PEOPLE / CHEF





FEATURE / WORLD GASTRONOMY





PEOPLE / CREATOR





PEOPLE / LIFE INNOVATOR





JOURNAL / JAPAN





JOURNAL / AUSTRALIA





JOURNAL / ASIA





MEETUP / REPORT





ログイン

まだ会員になっていない方

現在登録しているメールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた

パスワードを忘れた方へ

パスワードを忘れた方は以下のフォームに登録時のメールアドレスを入力し、送信して下さい。
ご登録されているメールアドレスに仮パスワードをお送りします。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録

パスワードを忘れた方へ

パスワードを忘れた方は以下のフォームに登録時のメールアドレスを入力し、送信して下さい。
ご登録されているメールアドレスに仮パスワードをお送りします。

ご注意:送信ボタンは一度だけ押してください。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録

パスワードを忘れた方へ

ご登録されているメールアドレスに
仮パスワードをお送りいたしました。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録