HOME 〉

FEATURE

〉

FEATURE / MOVEMENT






おいしいパルマハムの極意

至福のパルマハムのための最適な「スライサー」を知りたい
パルマハム・スペシャリストを志す食のプロ募集!!

Feature / MovementJun. 6, 2018

Photographs by Hide Urabe

パルマハム・スペシャリストとは
パルマハム協会では良質なパルマハムを見極め、お客様にベストな状態で提供し、かつパルマハムの魅力を語り伝えられるプロフェッショナルを「パルマハム・スペシャリスト」と認定し、パルマハムの普及・販促活動にご協力いただいています。



『料理通信』では、「おいしいパルマハムの極意」を食のプロ、食べ手に向けてお伝えしてきました。2018年はもっとおいしいパルマハムを提供するために「スライサー」について選び方からメンテナンスまで、パルマハム・スペシャリストの多田昌豊さんに教えていただきます。

「スライサーについてもっと知りたい!」「これからスライサーを導入しようと考えている」食のプロを募集します。ご応募いただいた方の中から、数名を選ばせていただきまして、8月都内某所にて、多田さんから学んでいただきます。その模様は『料理通信』2019年1月号(12/6発売)とWEB「The Cuisine Press」に掲載します。

将来パルマハムの普及・販促活動のお手伝いをして下さる意欲のある料理人の方、是非ご応募をお待ちしております!

◎シェフ・料理人限定
至福のパルマハムのための最適な「スライサー」を知りたい
パルマハム・スペシャリストを志す食のプロ募集!


  •               応募は締め切りました


[応募締切]2018年6月30日(土)
[募集人数]若干名 
※多数ご応募いただいた場合は、抽選とさせていただきます。
[対象]
・飲食業に従事するシェフ・料理人の方が対象となります。

[スケジュール](予定)
6月30日(土) 応募締切
7月第2週 当選者にご連絡
8月上旬 都内某所で講習会(その様子を取材)
『料理通信』2019年1月号(12/6発売)/WEB The Cuisine Press記事掲載



教える人 多田昌豊さん
麻布大学獣医学部環境畜産学科で「食肉加工学」を専攻。まだ輸入解禁前のパルマハムを食べ衝撃を受け、その製法に大変な興味を持ち、パルマハム職人になることを決意する。2000年渡伊、老舗パルマハム生産工場Galloni社に入社。9年間職人として働く。全ての工程をマスターし、「職人」の称号を得る。











FEATURE / MOVEMENT





JOURNAL / EUROPE





JOURNAL / AMERICA





PEOPLE / PIONEER





PEOPLE / CHEF





FEATURE / WORLD GASTRONOMY





PEOPLE / CREATOR





PEOPLE / LIFE INNOVATOR





JOURNAL / JAPAN





JOURNAL / AUSTRALIA





JOURNAL / ASIA





MEETUP / REPORT





ログイン

まだ会員になっていない方

現在登録しているメールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた

パスワードを忘れた方へ

パスワードを忘れた方は以下のフォームに登録時のメールアドレスを入力し、送信して下さい。
ご登録されているメールアドレスに仮パスワードをお送りします。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録

パスワードを忘れた方へ

パスワードを忘れた方は以下のフォームに登録時のメールアドレスを入力し、送信して下さい。
ご登録されているメールアドレスに仮パスワードをお送りします。

ご注意:送信ボタンは一度だけ押してください。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録

パスワードを忘れた方へ

ご登録されているメールアドレスに
仮パスワードをお送りいたしました。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録