HOME 〉

JOURNAL

〉

JOURNAL / AMERICA

America [Providence]
中央アジアの多文化が混在、ウイグル料理が熱い!

Jun. 14, 2018

  • 「一生に一度の麺」というキャッチコピーを店頭に掲げ、ウイグル料理店「ジャーハンガー・レストラン」がオープンしたのは2017年。ディナー時は要予約という盛況の理由は、米国6つの州にまだ10店舗ほどしかない“ウイグル料理専門店”が物珍しいだけではない。

    グルテン感がギュッとつまったコシの強い手延べ麺に加え、トルコ、モンゴル、中華、アラブ、ロシアに影響を受けた調理法と、米国人の舌にはまだ馴染みの薄い山椒を含む20種類以上の香辛料使い、そのどれもが新鮮だからだ。人気メニューは、金属製の串で焼いた一口大の羊肉「カバブ」(10ドル)や、ニラや牛肉入りの舌が痺れる「ジャーハンガー・ヌードル」(13ドル)。

    ウルムチ出身のオーナーシェフ、スベット・ディムラット氏は、味付けはもとより食材の切り方、色味、食感、調理場や店の清潔感にも常に目を光らせ、「母国のどのレストランよりも質の高い正統派ウイグル料理を提供する」ことを信条とする。米国でのウイグル料理の認知度を上げ、長く愛される店にすることが目標だ。

    (『料理通信』2018年5月号/「ワールドトピックス」より)

    ◎ Jahunger Restaurant
    333 Wickenden Street, Providence, RI 02903
    11:00~15:00、17:00~22:00 (日曜12:00~15:00、17:00~21:30)
    火曜休
    www.instagram.com/jahunger_/





JOURNAL / AMERICA





JOURNAL / EUROPE





JOURNAL / JAPAN





FEATURE / MOVEMENT





PEOPLE / PIONEER





FEATURE / WORLD GASTRONOMY





JOURNAL / AUSTRALIA





JOURNAL / ASIA





PEOPLE / CREATOR





PEOPLE / CHEF





PEOPLE / LIFE INNOVATOR





MEETUP / REPORT





ログイン

まだ会員になっていない方

現在登録しているメールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた

パスワードを忘れた方へ

パスワードを忘れた方は以下のフォームに登録時のメールアドレスを入力し、送信して下さい。
ご登録されているメールアドレスに仮パスワードをお送りします。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録

パスワードを忘れた方へ

パスワードを忘れた方は以下のフォームに登録時のメールアドレスを入力し、送信して下さい。
ご登録されているメールアドレスに仮パスワードをお送りします。

ご注意:送信ボタンは一度だけ押してください。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録

パスワードを忘れた方へ

ご登録されているメールアドレスに
仮パスワードをお送りいたしました。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録