HOME 〉

JOURNAL

〉

JOURNAL / AMERICA

America [New York]
食文化をアクティブ・ラーニングできる博物館

Sep. 6, 2018

  • MOFAD (Museum of Food and Drink) はグローバル教育の視点から、人と飲食物が織り成す文化を伝える博物館。移民の国アメリカに住む人々の食が、歴史の中でどんな影響を受けてきたかを教える展示品を、手で触って、嗅いで、味わえることが話題だ。

    2018年春以降、同じくNYに拠点を置く“Edible History(食べられる歴史)”という団体と共に、期間限定4回シリーズの「Dinners of thePast(あの頃の晩餐)」というイベントを開催。

    6月14日の第1回は「中世スパイス貿易」がテーマで、シルクロードと食についての講義を受けながら、当時から伝わるレシピに則り、スーマックを効かせた中東の魚料理や、モンゴルの熊シチュー、ベニスのスパイスケーキ等、全4皿のコースを味わった。ワインなど1ドリンク付きのチケットは75ドル。

    今後のテーマは「フェミニスト芸術/フード」「シェイクスピアのロンドン」「米大統領たちの食卓」が予定されている。初回の全40席は販売開始後10日で売り切れたそうで、人気の高さが窺える。

    (『料理通信』2018年8月号/「ワールドトピックス」より)

    ◎ Museum of Food and Drink
    62 Bayard Street, Brooklyn, NY
    開催日とチケット販売開始スケジュールは、HPのイベントページに記載
    www.mofad.org/events





JOURNAL / AMERICA





JOURNAL / EUROPE





JOURNAL / JAPAN





FEATURE / MOVEMENT





PEOPLE / PIONEER





FEATURE / WORLD GASTRONOMY





JOURNAL / AUSTRALIA





JOURNAL / ASIA





PEOPLE / CREATOR





PEOPLE / CHEF





PEOPLE / LIFE INNOVATOR





MEETUP / REPORT





ログイン

まだ会員になっていない方

現在登録しているメールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた

パスワードを忘れた方へ

パスワードを忘れた方は以下のフォームに登録時のメールアドレスを入力し、送信して下さい。
ご登録されているメールアドレスに仮パスワードをお送りします。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録

パスワードを忘れた方へ

パスワードを忘れた方は以下のフォームに登録時のメールアドレスを入力し、送信して下さい。
ご登録されているメールアドレスに仮パスワードをお送りします。

ご注意:送信ボタンは一度だけ押してください。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録

パスワードを忘れた方へ

ご登録されているメールアドレスに
仮パスワードをお送りいたしました。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録