HOME 〉

JOURNAL

〉

JOURNAL / EUROPE

Germany[Berlin]
店舗を持たない“ゴーストレストラン”の可能性

May. 14, 2018

  • 東京23区では、アプリを使ったフードデリバリーサービス「ウーバーイーツ」が始まったが、ベルリンでもイギリス発「デリバルー」やドイツ発「フードラ」がしのぎを削る。そんな中、宅配中心のレストランが登場し、話題だ。

    2016年末にオープンした「ビーツ&ルーツ」は、オンラインの飲食店予約サービス会社で働いていたマクシミリアン・コッヘンが、ミシュラン一ツ星を持つ若手料理人、アンドレアス・トゥフェントザマーとタッグを組んで始めたレストラン。小さな店舗を構えたが、彼らが力を入れているのはテイクアウトだ。

    主力メニューは新鮮な野菜を使ったボウルやラップ。開店から1年で黒字を叩き出し、現在もテイクアウトが実店舗の売り上げを上回る。最終的には小さくても実店舗があった方が宣伝になると、昨年、市の中心にピックアップ専用店をオープンし、店舗と宅配アプリの併用に切り替えた。だが、店舗投資が少なく若い料理人も“店”を持ちやすいこのビジネスモデルは、店のあり方に一石を投じている。

    (『料理通信』2018年4月号/「ワールドトピックス」より)

    ◎ beets & roots
    Große Hamburger Str. 38, 10115 Berlin
    11:00~21:30 (土曜、日曜12:30~)
    無休
    ボウル各種 8.9 ユーロ~(デリバリーの場合は7.9ユーロ~+配達料2.9 ユーロ~)
    www.beetsandroots.de





JOURNAL / EUROPE





JOURNAL / AMERICA





JOURNAL / JAPAN





FEATURE / MOVEMENT





PEOPLE / PIONEER





FEATURE / WORLD GASTRONOMY





JOURNAL / AUSTRALIA





JOURNAL / ASIA





PEOPLE / CREATOR





PEOPLE / CHEF





PEOPLE / LIFE INNOVATOR





MEETUP / REPORT





ログイン

まだ会員になっていない方

現在登録しているメールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた

パスワードを忘れた方へ

パスワードを忘れた方は以下のフォームに登録時のメールアドレスを入力し、送信して下さい。
ご登録されているメールアドレスに仮パスワードをお送りします。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録

パスワードを忘れた方へ

パスワードを忘れた方は以下のフォームに登録時のメールアドレスを入力し、送信して下さい。
ご登録されているメールアドレスに仮パスワードをお送りします。

ご注意:送信ボタンは一度だけ押してください。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録

パスワードを忘れた方へ

ご登録されているメールアドレスに
仮パスワードをお送りいたしました。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録