HOME 〉

JOURNAL

〉

JOURNAL / EUROPE

Norway [Oslo]
食品ロス対策で誕生した羊肉スナック

Apr. 6, 2018

  • 「羊農家として30年間働いてきたが、倉庫いっぱいに残った羊肉を見て、なんとかできないかと考えていた」と語るのは、ノルウェー産羊肉のスナック「チープス」を開発したヴィーキンスタ氏。

    ノルウェーでは、昨年だけで2257トンの仔羊肉、1155トンの羊肉が倉庫に保管されたままになっていた。これは前年の2倍量にあたる。原因は人々が他の肉を好み、羊肉が食卓に上る機会が減っていることに加えて、輸出量も少ないからだ。

    「チープス」は、隣国スウェーデンの乾燥した羊肉サラミからインスピレーションを受けたという。羊肉をスナックにするアイデアはノルウェーでは画期的なもので、「プロテインたっぷりで健康的」「満杯の倉庫を救うスナック」と現地メディアでも話題に。

    塩味の乾燥羊肉は、乾いた歯触りでビーフジャーキーのよう。酒のつまみにも合いそうだ。現在、国内では試作品として食メッセや店頭で配られ、フィードバックを集めている。今後は国外でもPRを予定しており、同氏は観光客にも食べてもらえればと意気込んでいる。

    (『料理通信』2018年3月号/「ワールドトピックス」より)

    ◎ Cheeps
    www.cheeps.no





JOURNAL / EUROPE





JOURNAL / AMERICA





JOURNAL / JAPAN





FEATURE / MOVEMENT





PEOPLE / PIONEER





FEATURE / WORLD GASTRONOMY





JOURNAL / AUSTRALIA





JOURNAL / ASIA





PEOPLE / CREATOR





PEOPLE / CHEF





PEOPLE / LIFE INNOVATOR





MEETUP / REPORT





ログイン

まだ会員になっていない方

現在登録しているメールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた

パスワードを忘れた方へ

パスワードを忘れた方は以下のフォームに登録時のメールアドレスを入力し、送信して下さい。
ご登録されているメールアドレスに仮パスワードをお送りします。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録

パスワードを忘れた方へ

パスワードを忘れた方は以下のフォームに登録時のメールアドレスを入力し、送信して下さい。
ご登録されているメールアドレスに仮パスワードをお送りします。

ご注意:送信ボタンは一度だけ押してください。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録

パスワードを忘れた方へ

ご登録されているメールアドレスに
仮パスワードをお送りいたしました。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録