在来種を守ることと新品種への挑戦が未来をつくる

㊳ / 47都道府県

日本 [茨城]

国内では珍しい、橘種の生産県


Journal / JapanAug. 1, 2016



小ぶりでもはじける香りと存在感 
「福来(ふくれ)ミカン 」(ミカン)


「福来ミカン」は、直径2~3cmほどで、片手のひらにちょこんと収まってしまう可愛いサイズ。でも、見た目が小さいからとあなどってはいけません。小粒でも、はじけるような強い香りと、しっかりとした酸味、甘味が楽しめます。
栽培地である筑波山麓は、日本のミカン栽培の北限。「福来ミカン」は、厳密には温州ミカンとは異なり,日本原産の橘の一種と考えられています。そのインパクトある香りから、地元では、果皮は七味唐辛子の材料「陳皮(チンピ)」に,また果肉はシャーベットやジャムなどの加工品に使用されています。

長きにわたる努力が生んだメロンの王様
「イバラキング」(メロン)


実は、茨城県はメロンの生産量日本一! 「イバラキング」という名前は、「茨城 (イバラキ) のメロンの王様になってほしい」 という思いを込めて名付けられました。10年以上の歳月をかけ、400通り以上の組合せから選び抜かれた茨城県オリジナルの新品種で、県の春の味覚の代表格です。
大玉で上品な香りと甘さ、滑らかな口当たり、そしてきめ細かくジューシーな果肉が魅力。そのままでも、スイーツの材料としても力を発揮する逸材です。










JOURNAL / JAPAN





JOURNAL / EUROPE





JOURNAL / AMERICA





FEATURE / MOVEMENT





PEOPLE / PIONEER





FEATURE / WORLD GASTRONOMY





JOURNAL / AUSTRALIA





JOURNAL / ASIA





PEOPLE / CREATOR





PEOPLE / CHEF





PEOPLE / LIFE INNOVATOR





MEETUP / REPORT









ログイン

まだ会員になっていない方

現在登録しているメールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた

パスワードを忘れた方へ

パスワードを忘れた方は以下のフォームに登録時のメールアドレスを入力し、送信して下さい。
ご登録されているメールアドレスに仮パスワードをお送りします。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録

パスワードを忘れた方へ

パスワードを忘れた方は以下のフォームに登録時のメールアドレスを入力し、送信して下さい。
ご登録されているメールアドレスに仮パスワードをお送りします。

ご注意:送信ボタンは一度だけ押してください。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録

パスワードを忘れた方へ

ご登録されているメールアドレスに
仮パスワードをお送りいたしました。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録