HOME 〉

雑誌『料理通信』2016年4月号 | 料理通信

雑誌『料理通信』2016年4月号

MAGAZINE




  • 2016年4月号 定価: 1,008円(税込) 雑誌(紙版)のご購入

    全国書店にて販売している他、オンライン書店でもご購入いただけます。(以下、一例)

    ※バックナンバーはFujisan.co.jp、バックナンバー常設店にてお求めいただくか、お近くの書店にてご注文ください。

    定期購読を申し込む


    お申し込みはこちらから
    デジタル版のご購入

      
    デジタル版(電子版)『料理通信』は下記のオンライン書店からご購入いただけます。(以下、一例)

    PCやスマートフォン、タブレット等、対応デバイスは各サービス会社にお問い合わせください。





  •  目次&中身を見る




    • 巻頭特集

      家でも、店でも、自家製しよう! vol.3

      定番アイテムからディープな自家製まで
      展開レシピも必見!
      • 「その手があったか!」「まさかこれも自家製できるとは!」。そんな「あっ!」と驚く意外なアイテムが毎回好評の自家製特集。今回も“まさか”の自家製が目白押しです。大人気特集の第3弾、絶対に見逃せません。

    • 自家製の極意&展開レシピ

      • 材料、作り方の極意、道具のポイント、仕込み時間、食べごろ、保存期間……etc.。ひと味違う自家製アイテムを豊富な展開レシピと併せて紹介します。細かなプロセス写真があるから失敗知らず!


    • シェフに教わる自家製特集&ディープな自家製

      • 「リコッタチーズ」「クラウティ」「クスクス」「春菊ペースト」など2〜3種類の材料で作れるものから、「ところてん」や牛肉の生ハム「ブレザオラ」などディープなものまで。キッチンに立つのが楽しくなるアイテムが続々登場。


    • スパイス&ハーブで作る自家製フレーバー調味料

      • ゆず、ニンニク、唐辛子、ネギなど、様々なフレーバーがついた塩やオイルを見かけます。余った野菜、使いきれなかったハーブやスパイスを塩やオイルと混ぜて、自家製フレーバー調味料にチャレンジします。


    • 第2特集

      専門店に聞くキッチン道具お手入れ術

      • 凹んでいても、ヒビが入っても……。使い込んで自分の手に馴染んだキッチン道具は愛おしい台所の相棒。道具が持つ機能をさらに引き出し、ずっと長く使い続けるために、知っておきたいお手入れ術を専門店に教わります。


    • 専門店&シェフに教わるお手入れ術

      • 「鉄製の調理道具」「粉引きや木など素材違いの器」「グラス」「洋包丁」「土鍋」などアイテム別に、道具の使い始めから日常のお手入れまで細かく紹介。コラムの金継ぎも必見です!


    • 人気連載

      【絶対作れる!挑戦レシピ】
      アボカドとタコのサラダ

      • 東京・富ヶ谷「アヒルストア」の定番料理「アボカドとタコのサラダ」は、お客さんから作り方を聞かれることの多い料理のひとつ。アボカドの熟し加減で味の印象が大きく変わります。ドレッシングの配合も今回、初めて明らかに!


    • 人気連載

      【クリエイション魂】

      • 2015年1月にオープンし、ほどなくして予約の取れない店になった東京・代々木上原「セララバアド」。料理人・橋本宏一さんのクリエイションに迫ります。


    •  目次&中身を見る










2016年バックナンバー


ログイン

まだ会員になっていない方

現在登録しているメールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた

パスワードを忘れた方へ

パスワードを忘れた方は以下のフォームに登録時のメールアドレスを入力し、送信して下さい。
ご登録されているメールアドレスに仮パスワードをお送りします。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録

パスワードを忘れた方へ

パスワードを忘れた方は以下のフォームに登録時のメールアドレスを入力し、送信して下さい。
ご登録されているメールアドレスに仮パスワードをお送りします。

ご注意:送信ボタンは一度だけ押してください。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録

パスワードを忘れた方へ

ご登録されているメールアドレスに
仮パスワードをお送りいたしました。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録