HOME 〉

雑誌『料理通信』2018年4月号

雑誌『料理通信』2018年4月号

MAGAZINE




  • 2018年4月号 定価: 1,008円(税込) 雑誌(紙版)のご購入

    全国書店にて販売している他、オンライン書店でもご購入いただけます。(以下、一例)

    ※バックナンバーはFujisan.co.jp、バックナンバー常設店にてお求めいただくか、お近くの書店にてご注文ください。

    定期購読を申し込む


    お申し込みはこちらから
    デジタル版のご購入

      
    デジタル版(電子版)『料理通信』は下記のオンライン書店からご購入いただけます。(以下、一例)

    PCやスマートフォン、タブレット等、対応デバイスは各サービス会社にお問い合わせください。





  •  目次&中身を見る




    • 巻頭特集

      家でも、店でも、自家製しよう! vol.5

      • 超・人気特集「自家製しよう!」が第5弾になって登場。シェフ直伝&マニアな自家製から各地に息づく伝統の逸品まで、すぐに作ってみたくなるアイテムを多数紹介。知らなかった自家製がまだまだあった!

    • すぐに作りたくなる自家製2018&
      シェフに教わる注目の自家製アイテム

      • カボチャのコンフィチュール、パンチェッタ、プルドポーク、スパイス玉子・・・。未体験の自家製にチャレンジしましょう! しょっからいわし(新潟)や田舎あられ(三重)など日本各地のアイテムも必見です。


    • 買えない味は自家製しよう!
      在日外国人の“私の自家製”

      • 日本に住む外国人から教わる料理教室「ニキズキッチン」。自国料理を日本で再現するために、講師の皆さんが自家製しているものは? 韓国、アゼルバイジャン、モロッコ、タイの自家製に挑戦!


    • 人気店に教わる
      自家製かき氷シロップ

      • 昔懐かしいかき氷シロップとは全く違う、素材の味をギュッと閉じ込めたようなかき氷が、今のトレンド。東京・谷中「ひみつ堂」の「氷蜜(ひみつ)」の作り方を教わりました。初公開の“ひみつ”レシピをどうぞ!


    • 第2特集

      素材の「未知の味」を引き出す
      中華のテクニック

      • 贅を凝らした料理より、身近な素材の新たな一面を引き出した一皿を「体験する」ことに価値を見出す時代。未知の「味」「香り」「食感」を生む中華のテクニックを、「漢字」をキーワードに解き明かします。


    • 人気連載

      真似したくなる台所

      • 台所は暮らしの中心を占める大切な場所。使い手の数だけ、台所のありようがあり、その人の知恵と工夫が詰まっています。創業84年の老舗ホーローメーカー「野田琺瑯」の野田善子さんの台所を訪ねました。琺瑯愛に溢れています。


    • 人気連載

      生涯現役

      • 世間では定年と言われる年齢を過ぎても元気に仕事を続けている、“生涯現役”な食のプロたち。今回は、山形・酒田「ケルン」の井山計一さん、御歳92歳。日本が世界に誇るスタンダードカクテル「雪国」の誕生エピソードも。

    •  目次&中身を見る




2018年バックナンバー


ログイン

まだ会員になっていない方

現在登録しているメールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた

パスワードを忘れた方へ

パスワードを忘れた方は以下のフォームに登録時のメールアドレスを入力し、送信して下さい。
ご登録されているメールアドレスに仮パスワードをお送りします。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録

パスワードを忘れた方へ

パスワードを忘れた方は以下のフォームに登録時のメールアドレスを入力し、送信して下さい。
ご登録されているメールアドレスに仮パスワードをお送りします。

ご注意:送信ボタンは一度だけ押してください。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録

パスワードを忘れた方へ

ご登録されているメールアドレスに
仮パスワードをお送りいたしました。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録