HOME 〉

雑誌『料理通信』2018年6月号

雑誌『料理通信』2018年6月号

MAGAZINE




  • 2018年6月号 定価: 1,008円(税込) 雑誌(紙版)のご購入

    全国書店にて販売している他、オンライン書店でもご購入いただけます。(以下、一例)

    ※バックナンバーはFujisan.co.jp、バックナンバー常設店にてお求めいただくか、お近くの書店にてご注文ください。

    定期購読を申し込む


    お申し込みはこちらから
    デジタル版のご購入

      
    デジタル版(電子版)『料理通信』は下記のオンライン書店からご購入いただけます。(以下、一例)

    PCやスマートフォン、タブレット等、対応デバイスは各サービス会社にお問い合わせください。





  •  目次&中身を見る




    • 巻頭特集

      これからのパン職人の仕事。
      〜粉選びから店づくりまで〜

      • どんなパンを焼くかが食べ手へのメッセージになる——そんな時代になりました。日本の暮らしを作っていこうとしている気概に満ちたパン職人たちの仕事を紹介。粉選びから店づくりまで、レシピ満載でお届けします。

    • 新しいパン屋のかたち

      • “職人に会えるアトリエ”“職人技のショールーム”“料理人×パン職人”のセッションの場・・・etc. 実力派揃いのNEW OPENを訪ね、新しいパン屋のかたちを紹介します。


    • 何でもテイスティング講座スペシャル
      「ドーナッツ」

      • コーヒーショップ、ベーカリー、パティスリー、ドーナッツ専門店・・・など、多様なジャンルの個性豊かなドーナッツを食べ比べ! アップルサイダードーナッツ、レモンドーナッツの作り方も教わります。


    • パン屋が紡ぐ「暮らし」のかたち
      〜東西パン職人5人の事例〜

      • パンは、暮らしとつながっていて、そのありようには“今”と“これから”が投影されます。短からぬ年月パンを焼き続けてきた5軒のパン屋にクローズアップ。パン職人がつくり出す“暮らしのかたち”を見ていきましょう。


    • 第2特集

      本気のアイスコーヒー入門
      <水出しコーヒー>&<ドリップ系アイスコーヒー>の最新事情

      • 冷たいコーヒーを飲む習慣のある国が少ないなか、日本は昔からどんな小さな喫茶店にもアイスコーヒーがありました。本気でアイスコーヒーを究めている店&人をピックアップ。豆の選び方、焙煎、淹れ方など最新事情を紹介!


    • 人気連載

      新・クリエイション魂

      • パンという食べ物のプリミティブな側面を鮮やかに浮かび上がらせる、沖縄「宗像堂」宗像誉支夫さんの言葉。沖縄に腰を据えて、自力でパンを焼き始めて18年。日本の風土から生まれた日本のパンを作る、宗像さんの仕事に迫ります。


    • 人気連載

      生涯現役

      • 世間では定年と言われる年齢を過ぎても元気に仕事を続けている、“生涯現役”な食のプロたち。今回は朝5時過ぎから行列ができ始める東京・吉祥寺の名店、「小ざさ」の稲垣篤子さん(御年85歳)を訪ねました。

    •  目次&中身を見る




2018年バックナンバー


ログイン

まだ会員になっていない方

現在登録しているメールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた

パスワードを忘れた方へ

パスワードを忘れた方は以下のフォームに登録時のメールアドレスを入力し、送信して下さい。
ご登録されているメールアドレスに仮パスワードをお送りします。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録

パスワードを忘れた方へ

パスワードを忘れた方は以下のフォームに登録時のメールアドレスを入力し、送信して下さい。
ご登録されているメールアドレスに仮パスワードをお送りします。

ご注意:送信ボタンは一度だけ押してください。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録

パスワードを忘れた方へ

ご登録されているメールアドレスに
仮パスワードをお送りいたしました。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録