HOME 〉

FEATURE

〉

FEATURE / MOVEMENT

春の古都で、シンプル・フードを考える

アリス・ウォータースの意志を継ぐ料理人たち

Jun. 23, 2014



(左から)「eatrip」野村友里氏、「シェ・パニース」ジェローム・ワーグ氏、「レフェルヴェソンス」生江史伸氏。

地産地消やサスティナブル(持続可能)な農業と流通、そして食育を40年も前から提唱し続けている料理家、アリス・ウォータース。彼女が開いたレストラン「シェ・パニース」はオーガニック食材による“シンプル・フード”のメッカとなり、世界中の料理人に影響を与えてきた。
この春、その「シェ・パニース」の総料理長であるジェローム・ワーグ氏が来日するにあたり、「eatrip」主宰の野村友里氏と「レフェルヴェソンス」の生江史伸シェフが春の古都、鎌倉に集結。「シェ・パニース」で経験を積み、アリスの意志を継承する3人のシェフによる特別なコラボレーションが実現した。





春の東慶寺、昼の宴




舞台は、春爛漫の北鎌倉。名刹、東慶寺の書院でこの昼の宴は行われた。新鮮な野菜や魚介類に恵まれた鎌倉、そして湘南の地。東慶寺の住職とお母様の井上米輝子さんも、3人のシェフたちに勝るとも劣らない “オープンマインド”の持ち主で、食はもちろん、日頃からさまざまな文化テーマのイベントを積極的に開催している。“シンプル・フード”を体感するこの特別な宴にとってこれほど最適な場所はないと感じさせてくれる会場であった。


会場となった書院。麗らかな春の陽光が庭の緑をより一層輝かせていた。



当日は30名を超える、食に関心の高い客が参加。住職のお母様の井上米輝子さんと3人のシェフのご挨拶からスタート。


鎌倉野菜や相模湾の魚介類は、距離がそう遠く離れていないこともあり、東京のレストランでも広く活用されている。この宴の食材、特に野菜の入手に関しては、さながら「シェ・パニース」を再現しているかのようで、地元の市場のものだけでなく、東慶寺の裏にある畑や近くの農家からの、まさに“穫れたて”の野菜が使われ、「Eat local」を体現するランチとなっていた。

ウェルカムドリンクは、日本酒。湘南、茅ヶ崎にある熊澤酒造の「天青」10年熟成。食中酒としても楽しめる辛口ではあるが、初めにコクと甘みが感じられる口あたりで、熟成による酵母香も印象的であった。



東慶寺本院の裏手にある畑の一部。所違えど、カリフォルニア郊外のバークレーにある「シェ・パニース」を想起させる。








FEATURE / MOVEMENT





JOURNAL / EUROPE





JOURNAL / AMERICA





PEOPLE / PIONEER





PEOPLE / CHEF





FEATURE / WORLD GASTRONOMY





PEOPLE / CREATOR





PEOPLE / LIFE INNOVATOR





JOURNAL / JAPAN





JOURNAL / AUSTRALIA





JOURNAL / ASIA





MEETUP / REPORT





ログイン

まだ会員になっていない方

現在登録しているメールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた

パスワードを忘れた方へ

パスワードを忘れた方は以下のフォームに登録時のメールアドレスを入力し、送信して下さい。
ご登録されているメールアドレスに仮パスワードをお送りします。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録

パスワードを忘れた方へ

パスワードを忘れた方は以下のフォームに登録時のメールアドレスを入力し、送信して下さい。
ご登録されているメールアドレスに仮パスワードをお送りします。

ご注意:送信ボタンは一度だけ押してください。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録

パスワードを忘れた方へ

ご登録されているメールアドレスに
仮パスワードをお送りいたしました。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録