HOME 〉

BLOG ブログ

『料理通信』TRIPPA通信

BLOG

2017.2.13

・おうちで、究極のコーヒー体験を!

おうちで、究極のコーヒー体験を!
~Panasonicの新提案「The Roast」~


 

「某日、都内某所にてPanasonicから新プロジェクト&商品お披露目イベントを行います」との情報を聞きつけ、喜び勇んでイベントに参加して参りました!


―― ご家庭でも、スペシャルティコーヒーを ――

現在、コーヒー業界は、3rdウェーブと呼ばれるスペシャルティコーヒーの時代。今、消費者が求めているのは、トレイサビリティの高い、品質の良い豆を使ったコーヒーです。
そしてその流れは家庭でも同じこと。
敏感な消費者たちは、生産者、産地の情報をよく知るロースターから豆を購入し、抽出器具にもお金を掛け、自分流のコーヒーを楽しんでいます。

Panasonicが提案するのは、その、さらに上。


 
世界中の生豆を、最適な焙煎で楽しめる、「生豆・焙煎プロファイル・焙煎機のセット」を販売します。
その名も「The Roast」。

従来品と違うのは、焙煎士の手腕を研究し、きめ細やかな温度・風量制限が可能な「熱風焙煎」と、ひとところにまとまってお掃除しやすい「チャフ(生豆表面の皮)の分離」機能を搭載したこと。

さらに、焙煎プロファイル機能の付いたiphoneアプリとの連携で、ワンタッチで好きな焙煎方法を選び、焙煎機に情報を送ることが可能となりました。
 


この焙煎プロファイルは、世界でもトップの焙煎士、福岡にある「豆香洞コーヒー」の後藤直紀氏が作成。1つの豆に対し、3つの焙煎プロファイルがついており、浅煎り、中煎り、深煎りと焙煎度による味わいの違いも精密に表現しています。

でも、生豆は?
どこで手に入れたらいいの?と思う方もいらっしゃいますよね。
ご安心ください。


 
「The Roast」は、輸入コーヒー豆のパイオニア、「石光商事株式会社」と提携し、世界各国のコーヒー産地の生豆がご自宅に届くサービスを実現しました。
「香りを楽しむ」「味わいを楽しむ」「マッチングを楽しむ」「メニューを楽しむ」という4つのテーマに沿った、世界各国の生豆に自宅に居ながら出会うことができます。

実は、豆の鮮度は、焙煎してからの経過時間に大きく関係しています。焙煎してから時間の経ったコーヒー豆は豆表面に油分が表出し、酸化が進んでしまいます。

自宅焙煎が可能になったことで、焙煎後の豆の酸化を気にする必要がなくなりました。
その時に飲みたい分焙煎することが可能になったわけです。
鮮度・香り・味わいともにバリエーションが広がり、好みの味わいも探究しやすくなりました。
 
焙煎したての「新鮮豆」で淹れたドリップと、酸化が進んだ「劣化豆」で淹れたドリップとの比較をしてみるとその差は一目瞭然。香りのフレッシュ感と余韻、そして舌に残る味わいが全く異なるものでした。


 
イベントの最後には、「The Roast」を使用したコーヒーと「Dari K」のショコラとのペアリングも。
香り高いショコラと焙煎したてのコーヒーがあれば、自宅でのくつろぎタイムがぐっと華やぎますね。

「コーヒー」になるまでのプロセスは「収穫」「精製」「生豆」「焙煎」「挽く」「抽出」。
これまで、家庭で質を追求できたのは「挽く」「抽出」のみでした。
「The Roast」では、3社が提携することで、「コーヒー」になるまでのプロセス全てを提供しています。

繋がることで生まれる、ご家庭での新しい価値、それがPanasonicの新提案です。
(shimizu)
  • 2017年2月13日
  • |
  • カテゴリ・COFFEE&CAFE
  • |


ログイン

まだ会員になっていない方

現在登録しているメールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた

パスワードを忘れた方へ

パスワードを忘れた方は以下のフォームに登録時のメールアドレスを入力し、送信して下さい。
ご登録されているメールアドレスに仮パスワードをお送りします。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録

パスワードを忘れた方へ

パスワードを忘れた方は以下のフォームに登録時のメールアドレスを入力し、送信して下さい。
ご登録されているメールアドレスに仮パスワードをお送りします。

ご注意:送信ボタンは一度だけ押してください。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録

パスワードを忘れた方へ

ご登録されているメールアドレスに
仮パスワードをお送りいたしました。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録