HOME 〉

BLOG ブログ

『料理通信』TRIPPA通信

BLOG

2013.10.21

・キレモノPERCEVAL、日本に本格上陸!

アストランスやアラン・デュカスといった
世界中の実力派シェフが愛用する
フランスのテーブルナイフブランド、
PERCEVAL(ペルスヴァル)をご存知ですか? 



これまでも並行輸入や業務用としては
日本にも入ってきていたのですが、
今月より日本でも一般販売が行われることになり、
先週の17日木曜、プレス向けの発表会が行われました。



銘刀で有名な仏オーヴェルニュ地方のティエール生まれ。
日本ではすでにおなじみのラギオールと同じですね。

発表会会場のテーブルには、すでにフラッグシップモデルの
「9.47」が資料とともにセッティング。
まずはそのモダンでシンプル、まさにミニマルなデザインに
グッと魅かれました。
上質感に溢れていて、何ともカッコいいのです!



当然ながら、テーブルナイフとして一番大事なのは“切れ味”。
ローストされた豚肉の一皿が配されて、
参加者は早速“試し切り”を体感!



おぉぉ――!
ストレスなく、スッと切れるね!
手に持った感触もいいし、肉を切るための適度な重量感もいい!

と、参加したプレスのみなさんからも
口々に感嘆の言葉が出ていました。

切れ味の気持ちよさがエスカレートした私は
試し切りの機会だから許してくれい!と
マナー度外視でいろいろ切りまくってしまいました(笑)



さらに、特別な発表会のサプライズ。
なんと!オーナーのイヴ・シャルルさんや
プロジェクトマネージャー(ナイフ職人でもあります!)の
ロラン・ラニエさんとその場で
Skypeでつないでいただいての質疑応答。
工房のヴァーチャル見学までできてしまいました。



日本でもすでに、青山のフロリレージュや
初台のアニス、浅草のオマージュなどのお店で
PERCEVALが使われ始めています。

そして、実は、料理通信オンラインショップでも、
この素敵なカトラリーを取り扱わせていただけることになりました!

“Eating with Creativity”や“味覚探究の旅”といった
テーマをもってオンラインショップもスタートしましたので、
めちゃめちゃうれしい!
今月10月末から販売開始を予定しています。



フラッグシップモデルの「9.47」の白黒赤の3色、
そしてフォークから取り扱いを始める予定です。

肉料理を愛するみなさん、どうぞご期待ください。(sano)
 
  • 2013年10月21日
  • |
  • カテゴリ・スタッフのお気に入り&オススメ
  • |


ログイン

まだ会員になっていない方

現在登録しているメールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた

パスワードを忘れた方へ

パスワードを忘れた方は以下のフォームに登録時のメールアドレスを入力し、送信して下さい。
ご登録されているメールアドレスに仮パスワードをお送りします。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録

パスワードを忘れた方へ

パスワードを忘れた方は以下のフォームに登録時のメールアドレスを入力し、送信して下さい。
ご登録されているメールアドレスに仮パスワードをお送りします。

ご注意:送信ボタンは一度だけ押してください。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録

パスワードを忘れた方へ

ご登録されているメールアドレスに
仮パスワードをお送りいたしました。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録