HOME 〉

BLOG ブログ

『料理通信』TRIPPA通信

BLOG

2015.8.10

・何が人の胃袋をくすぐるか?と悩んだ結果

お待たせしました! 最新号・表紙撮影の舞台裏をお届けします。

『料理通信』2015年9月号の特集は、「“肉仕事”のABC Vol.2
表紙のお店は東京・西荻窪「トラットリア29」で行われました。

肉ブームがいまだ続いていることは承知しているけれど、
ステーキが表紙の肉特集は、なんだかもうお腹がいっぱい(他でもよくやっている)。
新しい角度から伝える必要があるのではないか・・・。

表紙案はギリギリまで1つには絞り込めず、
大きく違う2案を抱えたまま表紙撮影当日を迎えました。

お店のテーブルに並べられた表紙案。


キッチンと客席を隔てるカウンター越しに、シェフに最終的な意向を伝えます。


「肉はこちらを用意しました」と、分厚い短角牛を見せてくれたシェフ。

特集担当の副編集長ソネが、焼かれる前の子たちをチェックしています。

焼いた肉をドーンと見せた方がいいか、その場合はどの向きがベストか。
少ないポーションにして皿に盛って撮ったほうがいいか。

シェフが焼き上げてくれたお肉は見るからにおいしそう。
このパワフルなおいしさを保ちつつ、「なにか新しいネタが載っていそう」と、
読者のみなさんに思ってもらうにはどうしたらよいか?

試行錯誤の足跡がこちらです。たくさん撮影しました。



撮影を終え、レイアウトを組んでなお悩んでいる状態がこちら。
一見同じように見えるけれど、どれも微妙に違います。
会議室にすべて並べて、表紙担当チームでうんうんと唸りました。



「よし、これでいこう!」


悩んだ結果がこちらです↓。


やっぱり「ステーキをドーーン!」になっちゃった!笑

ガリガリッと焼けた焦げ目。
フレッシュな赤身。
骨のあたりの焦げ目を歯でこそげ取りたくなるような、そんな表紙です。
見れば胃袋がくくーーっ、と鳴りそうな。

表紙も渾身ですが、中身ももちろん渾身です。
今月も隅から隅まで読み応え十分ですよ!

『料理通信』2015年9月号「“肉仕事”のABC Vol.2
好評発売中です
(asai)
  • 2015年8月10日
  • |
  • カテゴリ・雑誌制作の舞台裏
  • |


ログイン

まだ会員になっていない方

現在登録しているメールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた

パスワードを忘れた方へ

パスワードを忘れた方は以下のフォームに登録時のメールアドレスを入力し、送信して下さい。
ご登録されているメールアドレスに仮パスワードをお送りします。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録

パスワードを忘れた方へ

パスワードを忘れた方は以下のフォームに登録時のメールアドレスを入力し、送信して下さい。
ご登録されているメールアドレスに仮パスワードをお送りします。

ご注意:送信ボタンは一度だけ押してください。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録

パスワードを忘れた方へ

ご登録されているメールアドレスに
仮パスワードをお送りいたしました。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録