HOME 〉

BLOG ブログ

『料理通信』TRIPPA通信

BLOG

2015.10.8

・表紙のお店は目黒「ビアード」

2015年9月4日12時、撮影スタッフが向かった先は東京・目黒「BEARD」です。

店の隅々まで“ビアードらしさ”がちりばめられていて、脚立ですらカッコよく、
トイレでいいから住ませて!と言いたくなるような、どこを切り取っても画になるお店。
11月号の表紙撮影で、お世話になりました。


カウンターからキッチンを眺めた図。ホラ、画になる。


ちょっと右にずれて、天井も写しちゃったりして。ホラ、やっぱり画になる。
何もどかさず、何も隠さず、シャッター押しただけでカッコイイ。

とはいえ、私たちが表現したかったのは、““かっこよさ”ではありません。
店と客との距離感であったり、つまみ的であり、おかず的な料理の数々。


キッチンと客席が同じカウンター上にあり、仕切りが存在しないのが「ビアード」。
そのフラットさを伝えたくて、俯瞰(真上から)で撮ることになりました。
脚立(靴下をはかせてます!)をカウンターに載せて、高い位置からの撮影です。


原川シェフ「ここに置く?」「このお皿でいい?」
アートディレクター「もうちょい右」「うん、いい。それでいこう」
原川シェフの目線の先にはiPadがあります。


アートディレクターはラフとiPadを見ながら、次々とお皿で埋まっていく画面を確認。
その様をカメラマンもずっと追い続け、すべてが並んだ状態でキメの写真をパシャリ。
はい、撮影終了~!となるかと思いきや、今回は、そう簡単には終わりませんでした。

長くなるので、続きはまたにすることにして・・・。

完成した表紙をご覧ください。


どうです? 今の気分じゃないですか??
窓からの柔らかな明かりがカウンターに差し込んでいます。
奥がお客さん側、手前がキッチン側。同じ板を両者が共有しているんです。

表紙を「ビアード」にお願いした理由。なぜ、「おかずとつまみ」なのか?
『料理通信』2015年11月号のP.1で語っていますので、ご覧になってくださいね。
(asai)


<全国の本屋さんの他、ネット書店でも販売中!>

富士山マガジンサービス
amazon
楽天ブックス

 
  • 2015年10月8日
  • |
  • カテゴリ・雑誌制作の舞台裏
  • |


ログイン

まだ会員になっていない方

現在登録しているメールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた

パスワードを忘れた方へ

パスワードを忘れた方は以下のフォームに登録時のメールアドレスを入力し、送信して下さい。
ご登録されているメールアドレスに仮パスワードをお送りします。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録

パスワードを忘れた方へ

パスワードを忘れた方は以下のフォームに登録時のメールアドレスを入力し、送信して下さい。
ご登録されているメールアドレスに仮パスワードをお送りします。

ご注意:送信ボタンは一度だけ押してください。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録

パスワードを忘れた方へ

ご登録されているメールアドレスに
仮パスワードをお送りいたしました。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録