HOME 〉

FEATURE

〉

FEATURE / MOVEMENT





「TASTE OF AMERICA 2020」開催

アメリカ食材を求めて、料理家ウエキトシヒロさんとスーパーへ!

Feature / MovementNov. 9, 2020


11月13日(金)~26日(木)、アメリカの食に出会う2週間のフードイベント「TASTE OF AMERICA 2020」(主催:アメリカ大使館農産物貿易事務所)が開催されます。60店舗以上の参加レストラン等で料理人の創意工夫溢れる限定メニューを味わい、アメリカ食材の新たな魅力を知ることのできるイベント。

今年は、日々の料理のヒントにもしてほしいと、人気料理家のウエキトシヒロさんがアンバサダーに就任。どんなアメリカ食材にインスピレーションを感じるのか? 都内のインターナショナルスーパーマーケットへ、ウエキさんと出かけました。

料理をジェンダーフリーに、
買い物もキッチンに立つことも楽しんでほしい

まず訪れたのは、東京・広尾「ナショナル麻布」。もともと大使館員や外国人ビジネスマンのためにオープンしたスーパーマーケットで、世界各国の食材をセレクトしています。高級かと思いきや、手ごろな価格の商品も並ぶのは、日常の食を支える“スーパーマーケット”だからこそ。

早速、人気コーナーの自家製ピーナッツペーストマシンの元へ。棚からアメリカ産のピーナッツを一袋取り出してナッツをマシンに投入すると、瞬時にペースト状になって出てきます。ピーナッツはタンパク質、ビタミンやミネラル、食物繊維など主要な栄養素を含み、ビーナッツバターは味噌やごまだれのように活用の幅が広いことでも人気です。



「一袋(250g)でこれだけのペーストができるなんて感動です。できたてのピーナッツペーストなんて珍しいですよね。何を作ってみようかな?」



ウエキさんのインスタグラムは“簡単に、おいしく、楽しく”作れる点が人気で、フォロワー数が15万人を超えます。コメント欄には「レシピがわかりやすく親切丁寧なので、すぐに真似できて、おいしく作れて助かっています」「速攻で同じものを作りました」などの感想が。

「料理に、女性も男性も同じように向き合えたらいいなと思っています。女性だから当たり前とか、男性だからワイルドで趣味的なものをではなく、性別関係なくどちらもキッチンに立つことを楽しんでほしい。料理がジェンダーフリーになるといいなと思っています」
だから、どんな質問にも丁寧に回答する。材料がないと言われれば代用できるものを提案し、作りましたという報告にはお礼の返信を。投稿を見た方が料理にポジティブに向き合うことを大切にしています。

アメリカは世界最大のチーズ生産国

お次は、チーズ売り場へ。アメリカは移民の流入と同時にチーズ作りの文化が持ち込まれました。年間を通して牛乳が安定的に供給されるため世界最大の生産国でもあり、職人気質の小規模生産者が伝統的な製法で作るアルチザンチーズは、世界での人気も高まっています。

「アメリカ産チーズは600種類以上あるということに驚きました。2色のマーブル模様がきれいなコルビージャックが特に気になります。チーズのデザインをそのまま料理に活かしたいですね。アメリカのチーズ文化は知ればもっと奥が深そう。勉強したいです」



オリーブ売り場で、日常的にオリーブを使うか尋ねると、「魚介系の料理によく使っています。ニンニクとオイルで魚介系パスタを作る際もちょっと味が決まらないな……という時にオリーブを入れると味が調うのでオススメです」。
ヨーロッパの産地では数か月かけてオイル漬けや乳酸発酵をさせますが、カリフォルニアオリーブは1週間で渋抜き・塩漬けをすることから、ほのかな塩味とまろやかな味わいが特徴。和食や中華でも愛用されています。



店内を一周した後に、「やっぱり使ってみたいかも」と戻ったのがカリフォルニアのおコメ「カルローズ」の棚の前。サラっと軽い食感でリゾットやパエリアなどにも愛用されています。「粘り気がなく冷めてもおいしいと聞いて思い浮かんだのはサラダですが、使い方が限定されて難しいかな……と最初は思っていました。でも、こんなに大きな袋で売っているのを見たら、どうやったら日々の料理においしく使えるのかチャレンジ心が湧いてきて……」。



日ごろからアメリカ食材を多く揃えているナショナル麻布。店長の高橋文恵さん曰く「店内のあちこちにアメリカ食材が置かれているので、探していろいろと試してみてくださいね。食事やつまみにちょうどいいとデリコーナーも人気で、TASTE OF AMERICA期間中は限定商品も並ぶかもしれないのでお楽しみに」。


 

感謝祭やクリスマスに欠かせないターキーは、ハラル認証も

次に向かったのは東京・麻布十番「日進ワールドデリカテッセン」。世界中の肉やハムなどの肉加工品が揃う、“肉好き”の心をくすぐるスーパーマーケットです。この時期、ひときわ目を引くのがアメリカ産ターキー(七面鳥)売り場。11月のサンクスギビングデー(感謝祭)には、食卓に必ずターキーの丸焼きが登場する、アメリカの冬の風物詩の一つです。小さなもので2キロ弱、大きなもので約13キロ。最大サイズは一人で抱えるのが大変なほどずっしりと重い!



「駐在などで日本に住む外国人の方はご自宅に大きなオーブンが入っていることも多く、とにかく大きなターキーをお求めになります」と説明してくれたのはグローサリー担当の鳥澤明広さん。「10キロ越えだと解凍に3~4日かかるので、購入後、お使いになる日に合わせて解凍してお渡しするサービスもあります」

精肉コーナーでは、肉のプロフェッショナルから、自分の好みや作る料理に適した肉選びのアドバイスを受けられます。スーパーではなかなか出会えないアメリカンビーフのTボーンがあり、精肉ハム課長の鈴木宣雄さんが塊を見せてくれました。
「骨を断ち切るのに電動のこぎりを使うので、薄くても3センチからのオーダーになります。3センチでもかなり厚いですが、お客様の中には5センチをお求めになる方もいらっしゃいますね。好みに応じてお切りします」



ぜひこちらにも、と鳥澤さんに案内されたのがハラルコーナー。「イスラム圏の方のためにハラルコーナーを設けています。実はターキーもすべてハラル認証がついています」。

店内には日本の商品、海外の商品、日常の食材からプロが使う食材まで取り揃えています。一方で宗教的なルールに則ったものもあれば、デイリーフリーやグルテンフリーなどの“フリー食品”もあり、そうかと思えば子どもが歓喜するカラフルでキュートなお菓子も並ぶ。売り場の中に多様性が息づいているのはインターナショナルスーパーならでは。


グローサリー担当の鳥澤明広さん(左)と精肉ハム課長の鈴木宣雄さん(右)。これが最大サイズのターキー。


「僕は今回、アメリカ産のものをはじめていただきました」とウエキさんが手にしたのがデーツです。栄養価が高く、黒糖のような甘みがあり、砂糖の代用品としてビーガンデザートに楽しむ人も。「ねっちりと濃厚でおいしくて、そのままおやつに食べきってしまいました(笑)」。



日進ワールドデリカテッセンはワイン売り場も人気です。デイリーに楽しめる2000円前後のワインを揃え、ソムリエ資格を持つスタッフがワイン選びをサポートしてくれます。カリフォルニアワインの専用棚の他に、オレゴン産、ワシントン産ワインなどがズラリと並ぶUSAコーナーは圧巻。



インスタグラムの投稿には、「エール」の気持ちも

ウエキさんがインスタグラムを本格的に始めたのは2011年の東日本大震災がきっかけでした。趣味の料理をたまにブログにアップする生活から、日々の料理をインスタグラムに投稿するように。「自分で食材を選んで、自分の手で作りたいと、より強く思った時期でした。震災後は皆が不安を抱えていて、僕の投稿で誰かが喜んでくれたり、元気になってくれたらいいなとエールを送る気持ちもあって」。

同じ思いがコロナ禍にもありました。「 #在宅楽飯 」というハッシュタグを使って、インスタグラムで親交のある3人で投稿を続けた企画です。 “15分で、楽に、楽しく作れて、栄養バランスのよい、お財布にもやさしい料理”を紹介することで、在宅で料理する回数が増えて、キッチンに立つのに少し疲れてきた人々を勇気づけたい――。


ハッシュタグ「 #在宅楽飯 」をつけたウエキさんのインスタグラム投稿より。完成写真、レシピ、作り方を写真とテキストで丁寧に解説。


2011年の初回開催から10周年を迎える「TASTE OF AMERICA 2020」のテーマは、「For HEROES」。食が持つ力や喜びを、作る人も、食べる人も共に分かち合う2週間。初日の11月13日(金)には、ウエキさんのインスタライブも実施されます。簡単に、おいしく、楽しく――毎日の食事で元気が出るようにという気持ちを込めて。ウエキさんのインスタグラムをお見逃しなく。







「TASTE OF AMERICA 2020」アンバサダー・ウエキトシヒロ

料理家・フードスタイリスト。日常に寄り添った料理を投稿するインスタグラム( @utosh)はフォロワー数15万人を越える。最新著書に『在宅楽飯』(ウエキトシヒロ、かおし、ぐっち共著/大和書房)。
https://www.instagram.com/utosh/


◎ ナショナル麻布
〒106-0047 東京都港区南麻布4丁目5−2
9:00~20:00
http://www.national-azabu.com/

◎ 日進ワールドデリカテッセン
〒106-0044 東京都港区東麻布2丁目32−13
9:00~21:00
https://www.nissin-world-delicatessen.jp/

<TASTE OF AMERICA 2020>
開催期間: 2020年11月13日(金)~26日(木)
参加店舗:都内のレストランやデリバリー店など全60店舗以上でアメリカ食材を使ってシェフたちが趣向を凝らしたスペシャルメニューを提供。参加スーパーマーケットではアメリカ食材を楽しめる。
https://tasteofamerica.jp/









FEATURE / MOVEMENT





JOURNAL / EUROPE





JOURNAL / AMERICA





PEOPLE / PIONEER





PEOPLE / CHEF





FEATURE / WORLD GASTRONOMY





PEOPLE / CREATOR





PEOPLE / LIFE INNOVATOR





JOURNAL / JAPAN





JOURNAL / AUSTRALIA





JOURNAL / ASIA





MEETUP / REPORT





ログイン

まだ会員になっていない方

現在登録しているメールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた

パスワードを忘れた方へ

パスワードを忘れた方は以下のフォームに登録時のメールアドレスを入力し、送信して下さい。
ご登録されているメールアドレスに仮パスワードをお送りします。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録

パスワードを忘れた方へ

パスワードを忘れた方は以下のフォームに登録時のメールアドレスを入力し、送信して下さい。
ご登録されているメールアドレスに仮パスワードをお送りします。

ご注意:送信ボタンは一度だけ押してください。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録

パスワードを忘れた方へ

ご登録されているメールアドレスに
仮パスワードをお送りいたしました。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録