HOME 〉

FEATURE

〉

FEATURE / MOVEMENT





世界のアーバン・ファーミング最新事情 vol.3 <Berlin>

都会の真ん中で漁業と農業を一体化
アクアポニックス最新形

Feature / MovementMay. 23, 2019

text by Hideko Kawachi / photographs by Gianni Plescia

ドイツのアーバン・ファーミングの歴史は長い。19世紀、貧しい人が少しでも栄養を補えるようにと「クラインガルテン」と呼ばれる市民農園が始まった。現在その数はドイツ全国で91万、今も敷地の3分の1に野菜や果物を植えることが義務付けられている。
10年ほど前からはエコブームもあって、市内の空き地を利用したアーバン・ガーデニングも増えていたが、地価高騰のあおりを受け、どこも閉園や移転の危機にさらされているのが現状だ。しかしドイツの消費者は、産業化し続ける農業への猜疑心からか、エコ認証などよりも地産地消を重視する傾向にある。

2014年にスタートした「ECFファーム」では、魚の養殖(Aquaculture)と野菜の水耕栽培(Hydroponics)を組み合わせた「アクアポニックス農法」を行なっている。魚の排泄物を含んだ水をバイオフィルターに通して分解、植物の肥料となる硝酸塩を得て、その水で野菜を育てる循環型農業だ。水の消費や二酸化炭素排出量を格段に抑えた有機農業が可能になる。
通常は野菜を育てた水が再び魚のタンクへと戻るが、ここでは魚の養殖と野菜栽培、それぞれに適したpH値の水を循環させ、養殖によって排出される二酸化炭素と硝酸塩を野菜へ、光合成によってつくられた酸素を魚のタンクへ送るシステムを開発。生産リスクを抑え、安定した魚と野菜の供給を可能にした。

音楽業界出身者とスタートアップのコンサルティングをしていた男性2人が起業したECFファーム。元モルト工場を改装したオフィスビルの敷地内に1000平米の農地を確保。

REWEとの提携時に「週に7500鉢は欲しい」と依頼され、現在はバジルのみを育てている。水耕栽培のものより鉢植えが人気ということで、土耕栽培にシフトした。

2017年からドイツ大手スーパー「REWE(レーヴェ)」のベルリン支店と提携。ゆくゆくはバジルを育てる棚の下で、魚の餌となるレンズ豆を育てようと実験中。地産の食材を仕入れたい小売店のニーズとマッチしたECFファームの成功は、都市での自給自足が普通になるという新たな未来を予感させる。

TOP写真:魚のタンクではスズキを養殖。タンク数は13個、年間最大30トンの魚の出荷が可能だ。周囲に海も川もないベルリンでは新鮮な魚は貴重。





◎ ECF Farm
www.ecf-farm.de









FEATURE / MOVEMENT





JOURNAL / EUROPE





JOURNAL / AMERICA





PEOPLE / PIONEER





PEOPLE / CHEF





FEATURE / WORLD GASTRONOMY





PEOPLE / CREATOR





PEOPLE / LIFE INNOVATOR





JOURNAL / JAPAN





JOURNAL / AUSTRALIA





JOURNAL / ASIA





MEETUP / REPORT





ログイン

まだ会員になっていない方

現在登録しているメールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた

パスワードを忘れた方へ

パスワードを忘れた方は以下のフォームに登録時のメールアドレスを入力し、送信して下さい。
ご登録されているメールアドレスに仮パスワードをお送りします。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録

パスワードを忘れた方へ

パスワードを忘れた方は以下のフォームに登録時のメールアドレスを入力し、送信して下さい。
ご登録されているメールアドレスに仮パスワードをお送りします。

ご注意:送信ボタンは一度だけ押してください。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録

パスワードを忘れた方へ

ご登録されているメールアドレスに
仮パスワードをお送りいたしました。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録