農家の右腕
佐川友彦さん

小学校三年生の時の夢は、環境庁長官。そう無邪気に書いた少年は、東京大学の農学部に進学し、大学院で農学生命科学研究科を修了。外資系大手化学メーカーに入社し、若くして太陽光発電パネルのプロジェクトを任され、そして挫折を経験した。
Read More ...

山形で醸されるイノベーション

霧雨降る11月のある朝、天童市にある出羽桜酒造の蔵に湯気が立ちのぼっています。職人たちが甑(こしき)と呼ばれる巨大な蒸し器から、蒸したての米を取り出し冷ましています。
Read More ...

2021年2月14日(日)開催
森枝幹シェフのオンライン料理教室
“茨城の冬の味覚で愉しむ、ごちそうレシピ”

この度、産地で素材に触れ、五感をフル稼働して茨城を体感してきた森枝シェフを講師に迎え、スペシャルなオンライン料理教室を開催します。ご参加の皆さまには、4種の茨城食材を事前にお届けしますので、教わった料理を後からご自宅でお作りいただけます。
Read More ...

それぞれのターニングポイント#02 レストランの自家製パン
レストランの技で“食事パン”を定着させる
東京・祖師谷大蔵「フィオッキ」 堀川亮シェフ

テイクアウトでパンの反響の高さに気づき、店を改装して物販スペースを設置。「惣菜+パン」の組み合わせでハレの日だけでなく、日常にも必要とされる店へ変身しました。
Read More ...

まだ知られていない食の宝庫、天童

11月下旬、山形県東部にある天童市を囲む山々は秋が燃え立つ美しさ。炎のような赤、鮮やかな金、そしてブロンズ色のタペストリーに包まれた見事な姿を見せる宝珠山の中腹に、山寺(立石寺)など多くの御堂があります。
Read More ...

第54回<ル・テタンジェ賞>
国際シグネチャーキュイジーヌコンクール日本大会 最終審査報告
COVID-19禍の世界で、国際料理コンクールが意味すること

歴史ある家族経営のシャンパーニュメゾン「テタンジェ」によって1967年に創設され、その難易度の高さから“ガストロノミーのエベレスト”とも称される「ル・テタンジェ賞」。
Read More ...

パオロ・マッソブリオのイタリア20州旨いもの案内
vol.52 ロンバルディア州ベルガモのチーズ生産を基盤にしたアグリツーリズモ経営者

2021年版レストランガイド『イル・ゴロザリオ』で網羅したイタリア国内3300軒に及ぶ飲食店の中での最高のレストランとして、僕たちはロンバルディア州ベルガモ県にあるアグリツーリズモを選んだ。
Read More ...

国連WFPがしていること。

今年のノーベル平和賞は世界最大の食糧支援機関である国連WFP(世界食糧計画)に授与されました。「空腹を抱える世界は、平和な世界ではない」(国連事務総長)。
Read More ...