HOME 〉

JOURNAL

〉

JOURNAL / AUSTRALIA

Australia [Sydney]
ほったらかし可能な調理器具は在宅勤務の味方

Nov. 5, 2020

  • ロックダウン中にテレワークの傍ら料理にはまる人が増え、シドニーではマルチ機能を備えた圧力調理クッカーへの注目が高まっている。ガス式圧力鍋はベビーブーム世代も愛用していたが、最新のものは電気式でデザイン性に優れ、洗うのも楽。しかも食材のおいしさが倍増する、と世代を超えた称賛の声がネットには広がっている。

    中でも人気は、2019年末、豪アマゾンで購入可能になったカナダ発「インスタント・ポット」。圧力調理はもちろん、炒める機能や低温調理機能もあり、「チャーハン」や「ヨーグルト」など幅広く使うことができる。乾燥豆のカレーも約10分で出来上がるなど、時短調理もお手のものだ。10年前にはドイツ製の万能調理器「サーモミックス」(2000豪州ドル~)が流行したが、はるかに手頃な値段(200豪州ドル前後)で手に入ることも人気を後押ししている。

    新型コロナウイルスの影響で、家で料理をする機会が増えた今、容器に材料を入れるだけで本格的な料理ができる電気圧力鍋は、今後も大活躍しそうだ。

    (『料理通信』2020年11・12月合併号/「ワールドトピックス」より)

    ◎ Instant Pot
    https://instantpot.com.au/





JOURNAL / AUSTRALIA





JOURNAL / EUROPE





JOURNAL / JAPAN





FEATURE / MOVEMENT





PEOPLE / PIONEER





FEATURE / WORLD GASTRONOMY





JOURNAL / AMERICA





JOURNAL / ASIA





PEOPLE / CREATOR





PEOPLE / CHEF





PEOPLE / LIFE INNOVATOR





MEETUP / REPORT





ログイン

まだ会員になっていない方

現在登録しているメールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた

パスワードを忘れた方へ

パスワードを忘れた方は以下のフォームに登録時のメールアドレスを入力し、送信して下さい。
ご登録されているメールアドレスに仮パスワードをお送りします。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録

パスワードを忘れた方へ

パスワードを忘れた方は以下のフォームに登録時のメールアドレスを入力し、送信して下さい。
ご登録されているメールアドレスに仮パスワードをお送りします。

ご注意:送信ボタンは一度だけ押してください。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録

パスワードを忘れた方へ

ご登録されているメールアドレスに
仮パスワードをお送りいたしました。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録