HOME 〉

JOURNAL

〉

JOURNAL / EUROPE

Belgium [Oeselgem]
ミツバチの働きに想いを馳せる“女王蜂とディナー”

Nov. 14, 2019

  • ミツバチが大量にいなくなる「蜂群崩壊症候群」は、都市化による生息地の消失や気候の変動、農薬の使用などが引き金とされ、農家による農作物生産に深刻な影響を及ぼすと指摘されている。2011年、国連環境計画は「世界の人口を養うために必要な花粉媒介生物の衰退は、これからも続くであろう」と警告した。

    そんな中、イベント会社ユートピア2019年6月、2019年「世界の野菜レストラントップ100 」18位のリーベン・ローテンスや養蜂家と共に、花粉を媒介し、植物に実をつけるミツバチの効用を謳う「女王蜂とディナー」を企画。

    養蜂家によるミツバチの講義後、鉄板焼き形式のディナーでは、ホワイトアスパラガスやズッキーニの花のオマール詰め、ハチミツでキャラメリゼしたスモークサーモン、スイバとバラのシャーベットなど、ハチミツ、野菜、花、香草をふんだんに使い、ミツバチが関わる食物連鎖や自然環境、ひいては現在の地球汚染の実情を客に意識させた。1カ月限りの企画だが、好評のため来年の開催も予定している。

    (『料理通信』2019年10月号/「ワールドトピックス」より)

    ◎ Dinner with the Queen
    開催地 西フランダース地方ウーセルヘム
    参加費 150ユーロ
    www.dinnerwiththequeen.be





JOURNAL / EUROPE





JOURNAL / AMERICA





JOURNAL / JAPAN





FEATURE / MOVEMENT





PEOPLE / PIONEER





FEATURE / WORLD GASTRONOMY





JOURNAL / AUSTRALIA





JOURNAL / ASIA





PEOPLE / CREATOR





PEOPLE / CHEF





PEOPLE / LIFE INNOVATOR





MEETUP / REPORT





ログイン

まだ会員になっていない方

現在登録しているメールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた

パスワードを忘れた方へ

パスワードを忘れた方は以下のフォームに登録時のメールアドレスを入力し、送信して下さい。
ご登録されているメールアドレスに仮パスワードをお送りします。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録

パスワードを忘れた方へ

パスワードを忘れた方は以下のフォームに登録時のメールアドレスを入力し、送信して下さい。
ご登録されているメールアドレスに仮パスワードをお送りします。

ご注意:送信ボタンは一度だけ押してください。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録

パスワードを忘れた方へ

ご登録されているメールアドレスに
仮パスワードをお送りいたしました。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録