HOME 〉

JOURNAL

〉

JOURNAL / EUROPE

England [London]
ミシュランシェフがロンドンの一等地で手掛けるヴィーガン・スシ

Jul. 8, 2021

  • text by Yuka Hasegawa



  • ロックダウン完全緩和の最終段階に入り、2021年5月中旬から飲食店の店内営業が再開したイングランド。パンデミックの収束を待ちかねていたかのように、ロンドン内に新しい店も次々とオープンし、人々の外食熱に拍車をかけている。

    中でも話題を呼んでいるのは、ミシュラン一ツ星シェフ、アレクシス・ゴルティエ(Alexis Gauthier)氏が、4月にメイフェアに立ち上げたヴィーガン・カフェ「123ヴィー(123V)」。自らヴィーガンであることから、コロナ禍を機にソーホーの旗艦店に100%ヴィーガン・メニューを導入し、同カフェでは代替肉を使ったバーガー類や創作サラダを提供している。

    一番人気のメニューはヴィーガン・スシ。タピオカでんぷんなどをベースにしたヴィーガン・サーモンは、醤油やショウガと共に48時間真空調理し、スモークサーモンのようなコクのある味わいと食感を再現したり、細切りにした豆腐を海藻と調理してカニ肉風の裏巻きにするなど、長年ファイン・ダイニング界に君臨してきたシェフの店にふさわしい高い技術が細部に見え隠れする。

    「今やスシは、世界で最も愛されている食べ物のひとつ。ヴィーガンの人が安心して楽しめる、クリエイティブなスシを提供したかった。店の看板メニューのスシセットは毎日完売となるほど人気です」と語るゴルティエ氏。カリフォルニア巻きにとどまらず、日本が誇るスシは、自国を離れさらなる進化を遂げているようだ。

    (写真)ヴィーガン・サーモンとマグロの握り、カリフォルニア巻き、ヴィーガン・カニ肉の裏巻きなどで構成される「スシセット(大)」は、ジャガイモでんぷんと大豆由来のエビの天ぷらがついて19.50ポンド。



    ◎123V
    Fenwick of Bond Street, 63 New Bond Street,
    W1S 1RQ
    ☎+44-(0)208-132-9088
    9:30~19:00(テラス席~20:00)
    無休
    https://123vegan.co.uk/
    Instagram: @123vegan_w1






JOURNAL / EUROPE





JOURNAL / AMERICA





JOURNAL / JAPAN





FEATURE / MOVEMENT





PEOPLE / PIONEER





FEATURE / WORLD GASTRONOMY





JOURNAL / AUSTRALIA





JOURNAL / ASIA





PEOPLE / CREATOR





PEOPLE / CHEF





PEOPLE / LIFE INNOVATOR





MEETUP / REPORT





ログイン

まだ会員になっていない方

現在登録しているメールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた

パスワードを忘れた方へ

パスワードを忘れた方は以下のフォームに登録時のメールアドレスを入力し、送信して下さい。
ご登録されているメールアドレスに仮パスワードをお送りします。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録

パスワードを忘れた方へ

パスワードを忘れた方は以下のフォームに登録時のメールアドレスを入力し、送信して下さい。
ご登録されているメールアドレスに仮パスワードをお送りします。

ご注意:送信ボタンは一度だけ押してください。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録

パスワードを忘れた方へ

ご登録されているメールアドレスに
仮パスワードをお送りいたしました。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録