HOME 〉

JOURNAL

〉

JOURNAL / EUROPE

Norway [Oslo]
社会復帰をサポートするカフェ

Dec. 12, 2019

  • 「エーリック・カッフェ」は薬物中毒者や路上生活者が店員を務めるカフェ。設立者はストリートマガジン『=Oslo』の発起人で、雑誌販売などを通して彼らが社会復帰するための支援活動をしている。

    一般のカフェと同等の時給で1日の勤務時間は2~4 時間に留め、彼らが少しずつ生活に慣れるシフトを採用。類似した店は国内にはこれまでなかった。路上の雑誌販売とカフェ勤務両方をこなす店員もいる。コーヒーはソルベルグ&ハンセン焙煎所の高品質の豆を使い、プラスチックのカトラリーは使用しないなど環境にも配慮。貧困に悩むお客には、コーヒーを無料で提供することもある(1日に20杯ほど)。

    「市民や周囲の店舗からは好意的な反応ばかりだ」と話すのは、店長のカトリン・ラーシェン氏。国からの期待も高く、2017年6月の開店時には保健大臣が祝いに駆け付けた。首相や大臣が、市民生活を支援する政策を発表する時には、ここで会見することも。国会からも近く、住民だけでなく政治家が集まる交流の場にもなっている。

    (『料理通信』2019年11月号/「ワールドトピックス」より)

    ◎ Erlik Kaffe
    Akersgata 32, 0180 Oslo
    ☎+47-21380360
    7:00 ~17:30(土曜10:00~16:30)
    日曜休
    コーヒー 30ノルウェークローネ
    今年6月に2号店開店
    www.erlikkaffe.no





JOURNAL / EUROPE





JOURNAL / AMERICA





JOURNAL / JAPAN





FEATURE / MOVEMENT





PEOPLE / PIONEER





FEATURE / WORLD GASTRONOMY





JOURNAL / AUSTRALIA





JOURNAL / ASIA





PEOPLE / CREATOR





PEOPLE / CHEF





PEOPLE / LIFE INNOVATOR





MEETUP / REPORT





ログイン

まだ会員になっていない方

現在登録しているメールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた

パスワードを忘れた方へ

パスワードを忘れた方は以下のフォームに登録時のメールアドレスを入力し、送信して下さい。
ご登録されているメールアドレスに仮パスワードをお送りします。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録

パスワードを忘れた方へ

パスワードを忘れた方は以下のフォームに登録時のメールアドレスを入力し、送信して下さい。
ご登録されているメールアドレスに仮パスワードをお送りします。

ご注意:送信ボタンは一度だけ押してください。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録

パスワードを忘れた方へ

ご登録されているメールアドレスに
仮パスワードをお送りいたしました。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録