HOME 〉

JOURNAL

〉

JOURNAL / EUROPE

Spain [Caceres]
E.V.オリーブ油戦争加熱、フレーバーも百花繚乱

Sep. 17, 2019

  • “高品質”というだけでは、もう生き残れないほど競争が激しいスペインのオリーブ油業界。目下の課題は、他社製品との差別化だ。パッケージやラベルに凝りブランディングを図ったり、オイルをジュレや球状化するなど加工品開発もしのぎを削る中、フレーバー付きオリーブ油も定番になってきた。

    エクストレマドゥーラ州に本社を置くアス・ポンティス社はこれまで、E.V.オリーブ油で200以上の国際賞を受賞している実力派。10年以上前からフレーバー付きオリーブ油の開発に力を入れている。ニンニクやトリュフ風味はもちろん、レモン、ミント、コーヒー、シナモン、チョコレート風味など全14種を「ヴィエイル」のブランド名で揃える。

    脂質と辛味が少なめのカセレス産マンサニージャ種オリーブを使用。オイルゆえ香りづけに加熱は厳禁で、自然素材のみを用いて平均32日間油に浸けて香りを移す。ことにコーヒーやチョコレート風味は斬新で、オリーブ油をデザートにも活用できると、国内フーディーたちの人気を博している。

    (『料理通信』2019年8月号/「ワールドトピックス」より)

    ◎ As Pontis
    http://aspontis.com
    一部商品は日本での取り扱い有:ゴープレミア
    www.go-premiere.co.jp





JOURNAL / EUROPE





JOURNAL / AMERICA





JOURNAL / JAPAN





FEATURE / MOVEMENT





PEOPLE / PIONEER





FEATURE / WORLD GASTRONOMY





JOURNAL / AUSTRALIA





JOURNAL / ASIA





PEOPLE / CREATOR





PEOPLE / CHEF





PEOPLE / LIFE INNOVATOR





MEETUP / REPORT





ログイン

まだ会員になっていない方

現在登録しているメールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた

パスワードを忘れた方へ

パスワードを忘れた方は以下のフォームに登録時のメールアドレスを入力し、送信して下さい。
ご登録されているメールアドレスに仮パスワードをお送りします。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録

パスワードを忘れた方へ

パスワードを忘れた方は以下のフォームに登録時のメールアドレスを入力し、送信して下さい。
ご登録されているメールアドレスに仮パスワードをお送りします。

ご注意:送信ボタンは一度だけ押してください。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録

パスワードを忘れた方へ

ご登録されているメールアドレスに
仮パスワードをお送りいたしました。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録