JOURNAL / 齋藤 壽のことば(アーカイブ)

齋藤 壽 - 食の現場から
「知ること」と「できること」の差

齋藤 壽 - 食の現場から 「知ること」と「できること」の差 知っていることと、それが実際にできることとの間にはどれだけ大きな隔たりがあるか、ということを実感しながら、学んでいるのが美瑛料理塾の塾生の...

Read More ...

Jan 01, 1999

齋藤 壽 - 食の現場から
「わざわざ訪ねるべき」価値とは

齋藤 壽 - 食の現場から 「わざわざ訪ねるべき」価値とは そしてこの景観は農家の方々が起伏のある丘の農地を、曲芸ともいえるテクニックでトラクターやコンバインを運転して営むことで作り出されている。 「...

Read More ...

Jan 01, 1999

齋藤 壽 - 食の現場から
自然に寄り添うことの意味

齋藤 壽 - 食の現場から 自然に寄り添うことの意味 松茸はあきらめよう、料理に使えるあのキノコやこのキノコを探してくれないか、と問いかけると、無知な奴は困る、という顔が返ってきた。キノコにはどんなも...

Read More ...

Jan 01, 1999

齋藤 壽 - 食の現場から
楽しさあっての「食事作法」

齋藤 壽 - 食の現場から 楽しさあっての「食事作法」 私たち日本人の食卓に並ぶ食器は飯茶碗や汁椀はもちろん、おおかたは深みのある器であり、それらの食器に直接、唇をつけて食べるというのが基本的な習慣で...

Read More ...

Jan 01, 1999

  • 1

JOURNAL