HOME 〉

雑誌『料理通信』2020年6月号

雑誌『料理通信』2020年6月号

MAGAZINE




  • 2020年6月号 定価: 1,090円(税込) 雑誌(紙版)のご購入

    全国書店にて販売している他、オンライン書店でもご購入いただけます。(以下、一例)

    ※バックナンバーはFujisan.co.jp、バックナンバー常設店にてお求めいただくか、お近くの書店にてご注文ください。

    定期購読を申し込む


    お申し込みはこちらから
    デジタル版のご購入

      
    デジタル版(電子版)『料理通信』は下記のオンライン書店からご購入いただけます。(以下、一例)

    PCやスマートフォン、タブレット等、対応デバイスは各サービス会社にお問い合わせください。





  •  目次&中身を見る




    • 巻頭特集

      暮らしの真ん中にパンがある。

      • 食事パン、惣菜パン、菓子パン・・・パンは食のベースであり、彩りであり、喜びです。暮らしの中のパンの位置付けが広がって、パンの担う役割も大きくなりました。2020年版・パンの食べ方、作り方を紹介します。

    • 井戸端会議の井戸になる!
      「パーラー江古田」出身者のパンづくり

      • 「井戸端会議の井戸になりたい」と考えて、パンを柱とする独自の店づくりをした「パーラー江古田」。店が井戸、井戸から湧き出る水がパン、というわけです。出身者によって、井戸があちこちの街に増えています。


    • 暮らしに寄り添う生地作り

      • パン作りの素材と技が出揃い、どう使い分けるか、技をどう組み合わせるかによって、パン作りの可能性は無限です。日々の食卓を担うためのパン作りの工夫をフィーチャーし、作り方を教わります。


    • 家庭製パンの新星に教わる、
      おうちパンの愉しみ

      • 時間がなくても、道具がなくても、パン作りを楽しみたい! それを叶えてくれる技を吉永麻衣子さんに教わります。生地をスプーンで混ぜるだけ? ビニール袋で作る? 驚きのパン作りです。


    • 第2特集

      日本の酪農を元気にする
      「国産チーズの今」

      • おいしい国産チーズへの関心が高まっています。古くから酪農を営む先駆者たち、その志を受け継いだ新しい世代が、海外のチーズをただなぞるだけではない、「日本人がおいしいと思う日本人のためのチーズ」を作り始めています。


    • 人気連載

      料理上手と呼ばれたい・・・
      「蒸しムール貝 ブイヤベース風」

      • 殻付きで鍋一杯に蒸して、ぷっくりふくらんだムール貝をたっぷり食べてみませんか? 貝の旨味を存分に味わい、〆までおいしい一品を教わるべく、有村 昆さんと東京・飯田橋「ル・ジャングレ」の厨房へ!


    • 人気連載

      FREEなレシピ
      「ワンハンドクッキング」

      • 脳出血で倒れて右半身麻痺になった元「ア・ポワン」岡田吉之さん。片手では卵を混ぜるのもひと苦労ですが、道具の選び方とちょっとしたコツで、現役時代を彷彿とさせる仕上がりです。アルザスの親方直伝パンプリンを教わります。

    •  目次&中身を見る




2020年バックナンバー


ログイン

まだ会員になっていない方

現在登録しているメールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた

パスワードを忘れた方へ

パスワードを忘れた方は以下のフォームに登録時のメールアドレスを入力し、送信して下さい。
ご登録されているメールアドレスに仮パスワードをお送りします。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録

パスワードを忘れた方へ

パスワードを忘れた方は以下のフォームに登録時のメールアドレスを入力し、送信して下さい。
ご登録されているメールアドレスに仮パスワードをお送りします。

ご注意:送信ボタンは一度だけ押してください。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録

パスワードを忘れた方へ

ご登録されているメールアドレスに
仮パスワードをお送りいたしました。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録