HOME 〉

NEWS

“今が旬”を逃さない!

完璧な熟度で贈る、産直果実のフローズンスイーツ「グラン スイート サーカス」

Sep 15, 2022

果物が最もその個性とポテンシャルを発揮できる、“熟度”にこだわったスイーツを展開するオンライン・スイーツブランド 「グラン スイート サーカス(GRAND SWEETS CIRCUS)」がオープンしました。

シーズンに応じて“今が旬!”の果物を1つチョイス。おいしさを逃さない冷凍エクレアと冷凍パリブレストに仕上げて販売します。コラボレーションシェフとしてスイーツのレシピ開発・製造を行うのは、「ピエール・エルメ・パリ」「ジャン=ポール・エヴァン」などで経験を積んだ東京・西荻窪「patisserie.leslines(パティスリー レリアン)」松島啓介シェフ。

果物は、指定する農園で果実本来の味わいが発揮される適切なタイミングに収穫されたものだけを使用。生産者も太鼓判を押す果物を産直で使用するため、市場に出回らないような珍しい品種や、なじみのある果実でも、適切な熟度で驚くほどの美味に出会えるという発見もあります。

今秋の主演となるフルーツは、“信州産ブドウ”。100年以上に渡りブドウ栽培を営む信州「中村農園」から届く、パリッとした果皮と甘い果肉と爽やかに広がるマスカット香のシャインマスカットと、ブドウマニアをとりこにする芳醇で濃厚な黒系のブドウ・ナガノパープルを使用します。ともに樹上でしっかり熟させたうえで、極上のスイーツに仕立てます。
予約販売は9月15日(木)から。詳細はinstagramまたは公式サイトよりご確認ください。

(「料理通信」のNewsコーナーでは、食に関する新商品やサービス、イベント情報をお届けします)


料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。