HOME 〉

JOURNAL / JAPAN

日本 [高知]

真夏に清涼感を届けるグリーンレモン

未来に届けたい日本の食材 #03 ハウスレモン

Apr 12, 2021

変わりゆく時代の中で、変わることなく次世代へ伝えたい日本の食材があります。手間を惜しまず、実直に向き合う生産者の手から生まれた個性豊かな食材を、学校法人 服部学園 服部栄養専門学校理事長・校長、服部幸應さんが案内します。

text by Michiko Watanabe / photographs by Daisuke Nakajima


黄色いレモンは瀬戸内・広島が生産量日本一ですが、鮮やかなグリーン色に輝く青レモンは、高知・山北産がよく知られています。香りが素晴らしく、酸味も爽やか。初夏から初冬まで長く、色よく楽しめます。温室育ちの青レモンを手がけて15 年の別役次雄(べっちゃく・つぎお)さんに、温室をご案内いただきました。

最初は、ハウスミカンからスタートしたがやけど、収益性が厳しいもんで、20年前に一部青柚子に切り換えたの。そのあと、しばらくしてから青レモンがええ言うきに、興味をもっとったのよ。そしたら、「まあ、植えちょきや。勉強はあとからしいや」とすすめられて。15年ぐらい前に、ハウスミカンの補完的な、ま、いうたら、飲み会の足しにでもなったらええか、ぐらいの気持ちで植えてみたのよ。そしたら、何と塩レモンブームで国産レモンが注目されだして。趣味みたいな気楽な気分から一変、レモンも一生懸命やることになったんよ。レモンはなんちゅうても広島がパイオニアで技術レベルが高いきに、すぐに勉強に行きました。なかなか、ホントのところは教えてもらえんかったけど(笑)。
表面がつるっと張ったら収穫へ。レモンは直径6cmほどに成長する。青いうちに収穫するが、早すぎても果汁が十分ではないため、皮の表面が「ザラザラ」から「つるっ」となるまで待つ。果汁が豊富だと、カットして数分で、果肉が盛り上がってくる。
この青レモン、触っただけでもええ香りがするでしょ。不思議なもんで、黄色くなるまでおいといたら、この香りは消えてしまうの。黄色くしてから出荷する露地レモンはリスボン種、ハウスに多いのはユーレカ種。品種の違いもあるんよ。

柑橘はすべて、カラタチに接ぎ木するところから始まる。ほら、うちのもカラタチの上にのっちゅうでしょ。レモン栽培はミカンより体力的にも精神的にも負担が少のうて、安心感がある。害虫もあんまりおらんし、病気も少ない。成長が早くて、3年で実がつく。ミカンは8年かかるだけじゃのうて、糖度を上げんといかんし、その労力が歳をとるときつうなる。油断はいかんけど、ありがたいし、自分の歳に合った作物やと思うね。 
レモンの花のつぼみ。ハウスレモンの花は年末から咲き始め、その後も初夏まで次々とつぼみをつけ、開花していく。
(写真左)花びらが落ちると、根元に小さな膨らみを持つ実の姿が確認できる。
(写真右)ここまで成長すると、小さくてもレモンらしい姿になっている。
11月頃、温室にビニールを張って、12月に入って寒くなったら夜は10〜13℃で暖房、外気温が上がる3月ぐらいまでや。昼は20〜25℃になるよう窓を開閉する。レモンの花は暮れ頃から咲くんやけんど、ものすごうたくさん咲いて、実も2月からつき始める。花の下に小さな緑の玉がついとるでしょう。それが実なんよ。本当はもっと上手に育てて、グレープフルーツみたいにたわわに実らせるんが理想やけど、まだ勉強が足りとらん。
(写真左)6月中旬のハウス内には、収穫を目前に控えたレモンからつぼみを付けたばかりのものまで、様々な成長段階のレモンを目にすることができる。収穫が短期間に集中しないため、高齢者でも安心して農業を続けることができる。
(写真右)レモンがたわわに実った枝。「これはたまたま。全部をたわわにしたい」と今も勉強を続ける別役さん。
収穫は6月から。表面がつるっとしてきたら、果汁がいっぱい出るようになった合図。収穫した実は1日おいて少し乾かしてから、箱詰めにして出荷や。レモンの畑は山北で1ヘクタール。高知県全域では3ヘクタールぐらいあるそうや。

レモンは葉っぱもいい香りがするき、何かできんかいうて、話しちゅうところや。青レモンの可能性、まだまだ広がっていきそうや。何か、楽しみやなぁ。
カラタチに接ぎ木したレモンの木。15年になる。
定年後に専業の柑橘農家として、第二の人生を歩み始めた別役次雄さん。今年81歳になった。




◎JA高知県 香美地区 山北果樹出荷場
高知県香南市香我美町山北1307
☎0887-55-4165

(雑誌『料理通信』2020年9&10月号 掲載)






















































料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。

JOURNAL / JAPAN