HOME 〉

雑誌『料理通信』2021年1月号 ロングセラーなお菓子の秘密。 | The Cuisine Press

雑誌『料理通信』2021年1月号 ロングセラーなお菓子の秘密。 | The Cuisine Press

MAGAZINE




  • 2021年1月号 定価: 1,090円(税込) 雑誌(紙版)のご購入

    全国書店にて販売している他、オンライン書店でもご購入いただけます。(以下、一例)

    ※バックナンバーはFujisan.co.jp、バックナンバー常設店にてお求めいただくか、お近くの書店にてご注文ください。

    定期購読を申し込む


    お申し込みはこちらから
    デジタル版のご購入

      
    デジタル版(電子版)『料理通信』は下記のオンライン書店からご購入いただけます。(以下、一例)

    PCやスマートフォン、タブレット等、対応デバイスは各サービス会社にお問い合わせください。





  •  目次&中身を見る




    • 巻頭特集

      ロングセラーなお菓子の秘密。
      —「人格のあるお菓子」への道筋—

      • SNS映えしなくても、作り手の性格が滲み出るような手仕事を感じるお菓子は、どんな時代でも人の心を動かす力があります。若手から、ベテランまで、人格のあるお菓子への道筋を解き明かします。

    • シンプルの磨き方
      レストラン出身パティシエの素材選び&使い方

      • レストラン出身パティシエのアプローチが今、注目を集めています。素材選びに妥協せず、一つひとつの工程を突き詰め、シンプルを磨いていく。スイーツ界に新たな潮流をもたらす、人気パティシエの素材選びと使い方に迫ります。


    • 何でもテイスティング講座SPECIAL!
      シュークリーム

      • ロングセラーなお菓子NO.1といえば、シュークリーム。パティシエの個性や店の在り方によって、その表現は異なります。時代を越えて愛され、時代と共に進化するシュークリーム15種類を食べ比べ、魅力を語ります。


    • Local Topics Japan Special
      ローカルパティシエがつくる未来のロングセラー

      • パティシエに憧れ、海外や都心で働いた末に辿り着いたのは、自身が育った地元。自由なスタイルで作り続けるお菓子は、故郷のロングセラーとなる可能性を秘めています。未来を担う若者たちのお菓子を紹介します。


    • 第2特集

      未来のレストランへ vol.4[最終章]
      〜それぞれのターニングポイント〜

      • 次の時代に必要とされる店の在り方を模索して、生まれ変わろうとしている飲食店。その姿は、播かれた種が、懸命に芽を出そうとしている姿に重なります。未来のレストランはどんな姿をしているのか? 5店の事例をお届けします。


    • 人気連載

      生涯現役

      • 世間では定年と言われる年齢を過ぎても元気に仕事を続けている“生涯現役”な食のプロたち。静岡・島田「藪蕎麦 宮本」の宮本晨一郎さん(御歳79歳)は、15歳で蕎麦の道へ。今も毎日、少しでも良いものを目指して店に立ちます。


    • 人気連載

      FREEなレシピ
      「ワンハンドクッキング」

      • 脳出血で倒れて右半身麻痺になった元「ア・ポワン」岡田吉之さん。岡田さん愛用の道具は、使い勝手以上に味への貢献度が高いすぐれもの。2品のレシピと共に、ワンハンドじゃなくても活用度大の道具使いを伝授いただきました。

    •  目次&中身を見る