HOME 〉

NEWS

20年来の交流を経て実現。「イタリアの今」を伝えるリストランテ「byebyeblues TOKYO」

Dec 19, 2022

イタリア修業から帰国したばかりの料理人を積極的に起用し、「イタリアと時差のないリストランテ」を伝えることをテーマにしてきたSALONEグループが、20年来交流のあるシチリアのリストランテ「bye bye blues」の料理を“日本人のフィルターを通すことなくそのまま再現する”ことをミッションに「byebyeblues TOKYO(バイバイブルース トウキョウ)」を11月24日、東京・丸の内にオープンした。

シチリア最大の都市パレルモに1991年オープンした「bye bye blues」は、2010年にシチリアの女性シェフの店として初めて「ミシュランガイド」で一ツ星を獲得。シチリア伝統の食材や料理を、クリエイティビティ溢れる一皿に昇華するシェフ、パトリシア氏とは、実はSALONEグループの統括料理長である樋口敬洋シェフが2002年、イタリアに渡って最初の修業先として料理を学んで以来の付き合い。これまで東京、シチリアでコラボレーションを重ねながら、満を持しての業務提携となった。

スタッフの研修など人材の往来を重ねてきた両店ならではの「イタリアと時差のないリストランテ」に期待したい。


◎byebyeblues TOKYO(バイバイブルース トウキョウ)
東京都千代田区丸の内2-7-3 東京ビルTOKIA 1F
☎03-6812-2131
11:30~13:00LO 18:00~20:00LO
年中無休
https://www.byebyeblues.tokyo/

(「料理通信」のNewsコーナーでは、食に関する新商品やサービス、イベント情報をお届けします)

料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。