PEOPLE / 寄稿者連載

残暑に珈琲ゼリー
蕪木祐介さん連載 「嗜好品の役割」第9回

夏になると珈琲店に並ぶ王道メニュー、「珈琲ゼリー」。だが、私は珈琲ゼリーを食べる機会は多くない。喫茶店に行っても、大概は珈琲ゼリーを食べるくらいなら珈琲を飲んでしまうだろう。それは単純に、珈琲は液体の...

Read More ...

Aug 26, 2021

日々の味噌汁をサステナブルにする
東野華南子さん連載 「暮らしを創る、店づくり ―いい空間て、なんだろう― 」第6回 

味噌汁が好きなのだけれど、なかなかつくるのが定着しなかった。鰹節で味噌汁をつくっていたのだけれど、だしがらが勿体無くて、とっておいてふりかけにする・・・のが追い付かないから、味噌汁をつくるのが億劫にな...

Read More ...

May 31, 2021

ホットチョコレートを日常に
蕪木祐介さん連載 「嗜好品の役割」第8回 

自身の店を始める前から、珈琲やチョコレートはもちろん、ホットチョコレートに対して強い思い入れがあった。その言葉の響きからは、甘美で女性的な印象が強いが、女性だけではなく、酒やタバコ、珈琲同様、男性も嗜...

Read More ...

Mar 22, 2021

食にまつわる5つの妄想
真鍋太一さん連載「“小さな食料政策” 進行中」第9回 

その0.10年前からの妄想 食の文脈に関わり始めたのが2011年。OPENharvest というプロジェクトがきっかけだった。そのときに出会った料理人たちと2012年にNomadic Kitchenと...

Read More ...

Mar 01, 2021

空間づくりは、“愉快なおせっかい”から始まる?
東野華南子さん連載 「暮らしを創る、店づくり ―いい空間て、なんだろう― 」第5回 

「健やかな精神は、健やかな体に宿る」 と言うけれど、もっと言うと、 健やかな店は、健やかな店主の家族に宿る。 なんとなく、そんな風に思っています。 だから、松本にある本屋あるいは喫茶店である「栞日」を...

Read More ...

Feb 22, 2021

暮らしを創る、「家」づくりのお話
東野華南子さん連載 「暮らしを創る、店づくり ―いい空間て、なんだろう― 」第4回 

店づくりを軸にした紹介をされることが多いリビセンですが、実は今、お家のデザインもしています。 産休で私自身が店づくりから少し離れてしまっているので、 今回はちょっと産休中にトライアンドエラーした家づく...

Read More ...

Dec 14, 2020

無垢チョコレートの愉しみ
蕪木祐介さん連載「嗜好品の役割」第7回 

「無垢チョコレート」とは…… 宝石のようなボンボンショコラ、濃厚でクリーミーな生チョコレート、香ばしいガトーショコラ、それぞれにチョコレートの魅力がある。 その中でも一番私が興味を持って作り続けている...

Read More ...

Sep 17, 2020

「いい空間」の定義って? つづきのお話
東野華南子さん連載 「暮らしを創る、店づくり ―いい空間て、なんだろう― 」第3回 

店の担い手に愛されていること、 店の担い手がその場所を楽しんでいること。 それこそが、前回お話ししたあの店の居心地の良さの理由だったとわかったのは、 私たちの店の原点でもある、アメリカの「ReBuil...

Read More ...

Jun 22, 2020

コロナ禍を経て
目黒浩敬さん連載「アルフィオーレの農場日記」第14回

地元産の生乳で造る日常のチーズ。 新型コロナウイルスの影響で困難な状況に陥っている方々に、心よりお見舞い申し上げます。 新型コロナウイルス感染拡大は、局所的にではなく全世界で多大なダメージを与えている...

Read More ...

Jun 11, 2020

食べるを真ん中に、一歩前に進む
真鍋太一さん連載「“小さな食料政策” 進行中」第8回 

資本主義の味:Taste of Capitalism 「食べる」ということを、社会の真ん中にもどせばだいたいの問題は解決できるのではないかと前に書いた。 人は食うために働いてきたはずだ。 しかし本当の...

Read More ...

May 29, 2020

「ごはん食べた?」 があいさつ
真鍋太一さん連載「“小さな食料政策” 進行中」第7回 

「ごはん食べた?」があいさつの国があるそうだ。 日本でも、ご飯どきにその言葉を交わすことはあるが、 普段だと「元気?」という感じだろうか。 昔、婆ちゃんの家にいくと「ご飯食べたんか?」と聞かれていたの...

Read More ...

May 12, 2020

「パン屋、Mamiche」
関根拓さん連載 「食を旅する」【特別寄稿】

前の世界と次の世界を繋ぐ役目 世界の例外に漏れることなく、パリにもその波は訪れた。 店にたくさんのお客さんが来てくれればなによりと思っていたのは遥か遠く昔のようだ。 その週末は、家族や友人と暫しの別れ...

Read More ...

May 08, 2020

PEOPLE