RECIPE

看板料理「シチリア風イワシのフライ」。おいしさの秘密は〆鯖にあり。
ブルーフード・レシピ

海に囲まれ、豊かな漁場を有する日本には魚食文化が根付いています。魚を食べるなかで培われ、受け継がれてきた知恵や知識を継承し、上手に食べることは、多様性豊かな海の保全につながります。日本周辺でとれる水産...

Read More ...

2023.06.01

「ノンアル」を華やかに。水出し「ティーソーダ」を空の下で楽しもう
アウトドアレシピ15

アウトドアの新メニューに加えたい、外でも作りやすく、家でもリピートしたくなる味を人気店に習います。今回は、アウトドアにぴったり、飲む人も場所も選ばないフリーな「ノンアルドリンク」から、紅茶を使ったレシ...

Read More ...

2023.05.25

スキレットで「チキンピカタ」を。愛用ギアで楽しむアウトドアクッキング
アウトドアレシピ14

アウトドアの新メニューに加えたい、外でも作りやすく、家でもリピートしたくなる味を人気店に習います。今回は、休日にキャンプを楽しむシェフ、「オルガン」「ウグイス」の紺野真さんに、愛用のスキレットで作るア...

Read More ...

2023.05.18

とろけ出るチーズ!病みつきホットサンド「グリルドチーズ」
アウトドアレシピ13

アウトドアの新メニューに加えたい、外でも作りやすく、家でもリピートしたくなる味を人気店に習います。今回は、アメリカの定番ホットサンド「グリルドチーズサンドイッチ」を。バターたっぷり、香ばしくグリルした...

Read More ...

2023.05.11

卵を使わない。豆乳で作る、自家製「ビーガンマヨネーズ」
プラントベースの始め方30

健康や環境への配慮から、植物性の食材を主体とする“プラントベース(Plant Based)”な食事法が注目されています。肉や魚や乳製品に頼らずとも「おいしい」料理を作る知恵は、世界各地に存在します。身...

Read More ...

2023.05.01

【DIYレシピ19】冷燻装置もDIY!ねっとり絶品スモークサーモンの作り方
東京・小金井「TERAKOYA」間 光男さん

塩蔵、乾燥、発酵・・・調理メソッド&テクニックを身に着けて、普段買っている食べ物を一から作ってみると、自分で味を作る喜びや安心感を得られます。天日に干したり、発酵させたり、自然の力にゆだねるレシピは、...

Read More ...

2023.05.01

カレーに添えてみよう。南インドのスパイシーな野菜炒め「ポリヤル」
レスキューレシピ【キャベツ編】

日本の食品ロス量は年間570万トン*と言われています。生鮮食品においても、豊作で余ったり、規格外、傷、スレがあって売り物にならず、行き場のない食品が日々廃棄されているのです。生産者が丹精込めて作った食...

Read More ...

2023.04.27

フライパンで作る!お好み焼きワンランクアップ術
レスキューレシピ【キャベツ編】

日本の食品ロス量は年間570万トン*と言われています。生鮮食品においても、豊作で余ったり、規格外、傷、スレがあって売り物にならず、行き場のない食品が日々廃棄されているのです。生産者が丹精込めて作った食...

Read More ...

2023.04.20

スーパーで買える山菜使いこなし術【ウド1本を余すことなく味わい分ける】

エグミや苦味も味のうち。山菜の持ち味や歯触りを損なわず、おいしくする方法をマスターしたいもの。スーパーで買える入門編にぴったりな山菜から、持ち味を生かす食べ方を東京・六本木「日本料理 ときわ」西塚茂光...

Read More ...

2023.04.17

ざく切りキャベツを強火で蒸し焼き。弱火だけでは作れない「キャベツの蒸し焼き」
レスキューレシピ【キャベツ編】

日本の食品ロス量は年間570万トン*と言われています。生鮮食品においても、豊作で余ったり、規格外、傷、スレがあって売り物にならず、行き場のない食品が日々廃棄されているのです。生産者が丹精込めて作った食...

Read More ...

2023.04.13

フキ、ウルイ、コゴミ・・・スーパーで買える山菜使いこなし術

エグミや苦味も味のうち。山菜の持ち味や歯触りを損なわず、おいしくする方法をマスターしたいもの。スーパーで買える入門編にぴったりな山菜から、持ち味を生かす食べ方を東京・六本木「日本料理 ときわ」西塚茂光...

Read More ...

2023.04.10

春を感じる味わい。「春キャベツのすりながし」
レスキューレシピ【キャベツ編】

日本の食品ロス量は年間570万トン*と言われています。生鮮食品においても、豊作で余ったり、規格外、傷、スレがあって売り物にならず、行き場のない食品が日々廃棄されているのです。生産者が丹精込めて作った食...

Read More ...

2023.04.06

RECIPE