Recent Posts

新潟の農産物を育てる〈新潟さん〉を訪れる旅
#新潟さんち
vol.3 100年を経て結実した味わい ル レクチエ

新潟を代表する3つの農産物を育てる生産者<新潟さん>を訪ねるシリーズ、「#新潟さんち」。3回目は、高級西洋なし、「ル レクチエ」の産地をパリのトップパティシエ、青木定治シェフと料理家 遠藤千恵さんが訪ねます。
Read More ...

国連WFPがしていること。

今年のノーベル平和賞は世界最大の食糧支援機関である国連WFP(世界食糧計画)に授与されました。「空腹を抱える世界は、平和な世界ではない」(国連事務総長)。
Read More ...

【10 Hands for AOMORI】
日本の食文化が生んだ繊細な肉質
~青森県産バルバリー鴨~
オデコ 掛川哲司シェフ/ドンシー レストラン&サカバ 境哲也シェフ/ファロ 樫村仁尊シェフ

本州最北端のバラエティに富んだ食文化と食材の作り手を取材しに、これまで幾度となく足を運んできた青森県。国産では貴重なフランス原産「バルバリー種の鴨」について、3軒のシェフたちの声と生産者の想いをお届けします。
Read More ...

【10 Hands for AOMORI】
肉質はもっちり、甘みを感じる
~青森シャモロック~
クインディ オーナー塩原弘太さん・安藤曜磁シェフ/リ・カーリカ 堤亮輔シェフ・伊藤和道さん

本州最北端のバラエティに富んだ食文化と食材の作り手を取材しに、これまで幾度となく足を運んできた青森県。青森県を代表する地鶏「青森シャモロック」について、2軒のシェフたちの声と生産者の想いをお届けします。
Read More ...

U.S.チーズと寄り添う暮らし。
―後編―
アメリカ人のパワーの秘密

「その昔、ヨーロッパからアメリカへと伝わったチーズ造りは、豊富な土地と、弛まぬ研究、技術への投資によって産業として成長を続けました。前編「アメリカ産チーズってどんな味?」に続き、後編では、アメリカ産チーズの味わいを引き出すスペシャルなレシピを「ザ・バーン」米澤文雄シェフに教わります。
Read More ...

U.S.チーズと寄り添う暮らし。
―前編―
アメリカ産チーズってどんな味?

その昔、ヨーロッパからアメリカへと伝わったチーズ造りは、豊富な土地と、弛まぬ研究、技術への投資によって産業として成長を続けました。現在、アメリカ産チーズは世界の4分の1を占め、多くのコンテストで受賞するなど、品質の高さでも注目を浴びています。
Read More ...