SDGs

米田肇シェフ×生江史伸シェフ
「これからの料理人のあり方」
調理技術教育学会 第2回学術大会より

この1年半、料理人という料理人が困惑し、悩み、迷い続けたのではないでしょうか? 新型コロナウイルス感染拡大によって飲食業界が直面する事態は、多くの料理人に自らの存在意義を問いかけています。8月17~1...

Read More ...

Sep 30, 2021

サバイバルレシピ05 徳島【阿波晩茶】
漬物のように漬ける 山あいの家々に伝わる乳酸発酵茶

人口爆発による食糧難や自然災害で、これまで当たり前にあった食物が手に入らなくなったとき、求められるのは限られた資源でサバイブする「生きる力」です。日本各地に残る保存食、発酵食、郷土食に、自然の恵みを無...

Read More ...

Sep 27, 2021

SDGs時代の「薪火」活用術 01
プロがレクチャーする「薪火」入門

薪火を導入するレストランが増えています。発酵が世界的な調理トレンドになったように、現代人は人類の食の根源に興味津々。電力を必要としない薪火は、脱炭素社会のエネルギーについて考える糸口となり、災害時の熱...

Read More ...

Sep 16, 2021

サバイバルレシピ04 香川【しょうゆ豆】
水戻し&煮込み要らず 豆料理の時短テクニック

⾷糧難、災害時をどう乗り越える? 人口爆発による食糧難や自然災害で、これまで当たり前にあった食物が手に入らなくなったとき、求められるのは限られた資源でサバイブする「生きる力」です。日本各地に残る保存食...

Read More ...

Aug 19, 2021

―災害時の食と栄養― 5
災害時に温かい食事を提供するシェフ組織 World Central Kitchenの草の根戦略

「ワールドセントラルキッチン(以下WCK)」という非営利の組織があります。2010年のハイチ大地震時の食事提供をきっかけとして設立され、被災地や戦禍の人々に温かい食事を提供してきました。2017年のプ...

Read More ...

Aug 02, 2021

サバイバルレシピ03 福岡・八女【鬼の手こぼし】
自然の抗菌ラップ、竹皮で包むサバイブめし

⾷糧難、災害時をどう乗り越える? 人口爆発による食糧難や自然災害で、これまで当たり前にあった食物が手に入らなくなったとき、求められるのは限られた資源でサバイブする「生きる力」です。日本各地に残る保存食...

Read More ...

Jul 01, 2021

サバイバルレシピ02 愛知・田原【串アサリ】
太陽と潮風でつくるディハイドレート食品

⾷糧難、災害時をどう乗り越える? 人口爆発による食糧難や自然災害で、これまで当たり前にあった食物が手に入らなくなったとき、求められるのは限られた資源でサバイブする「生きる力」です。日本各地に残る保存食...

Read More ...

Jun 14, 2021

 サバイバルレシピ01 高知【イタドリ】
繁殖力旺盛! 身近に自生する野草を おいしく食べる術

⾷糧難、災害時をどう乗り越える? 人口爆発による食糧難や自然災害で、これまで当たり前にあった食物が手に入らなくなったとき、求められるのは限られた資源でサバイブする「生きる力」です。日本各地に残る保存食...

Read More ...

Jun 07, 2021

「大丸有SDGs ACT5」プロジェクト 2年目始動!
舞台は大丸有エリアを起点により広い地域へ。

大手町、丸の内、有楽町エリアを舞台にスタートしたSDGsプロジェクト「大丸有SDGs ACT5」が2年目を迎え、2021年も5月~11月の約7カ月をコア期間に開催されます。 2020年はコロナ禍で先行...

Read More ...

Jun 04, 2021

その時、どう生きるか。 ―災害時の食と栄養― 4
「いつも」と「もしも」で大活躍。これからのキッチンカー構想

「備えられない」ことを起点にした、新しい防災の考え方である「フェーズフリー」。 「日常時=いつも」と「非常時=もしも」という時間軸に関わらず生活の質を向上させ、私たちの生活や命を守っていこうとするアプ...

Read More ...

May 06, 2021

サステナブル・ブランド国際会議2021横浜 開催レポート
“持続可能”から“再生”へ。
自然環境の回復に繋がる取組みの実践

世界13カ国14都市で開催され、参加者・来場者が共にサステナビリティについて考える「サステナブル・ブランド国際会議」。日本で5回目となる今年は、感染防止のためオンラインを併用しながら、2月24日~25...

Read More ...

Apr 08, 2021

“食×SDGs” ウェビナー 開催レポート #3 「株式会社グッドテーブルズ」山本謙治さん × 「FARO(ファロ)」シェフパティシエ 加藤峰子さん
「プラントベース」で描くこれからの食 -植物と動物と人間の共存についての模索と提言-

コロナ禍によって注目度が一気にアップした「プラントベース」。このセッションでは、農畜産物流通コンサルタントにして農と食のジャーナリストである山本謙治さんから世界におけるプラントベースをめぐる論点につい...

Read More ...

Apr 01, 2021

SDGs