PEOPLE / 生産者・伴走者

大地からの声――34
同じあやまちを繰り返してはいけない。
熊本「もじょか堂」澤井健太郎さん

折しも映画『MINAMATA-ミナマタ-』が公開され、注目が集まる熊本県水俣市で、「みなまたオーガニックマーケット もじょか堂」を営む澤井健太郎さん。地元の小さな生産者による野菜、調味料、米、茶、海産...

Read More ...

Sep 30, 2021

大地からの声――33
自分の感覚を信じて深掘りする。
三重「保田商店」「素材舎」保田与志彦さん

三重県桑名市で食材卸問屋を営み、地元の農家と共に「桑名もち小麦」のブランド化に取り組む保田与志彦さん。もっちりとした独特な食感のもち小麦と出会い、将来性を見出したのは2008年のことでした。以来、独自...

Read More ...

Aug 30, 2021

大地からの声――32 酒のポテンシャルを全方位的に上げていく。 宮崎「渡邊酒造場」渡邊幸一朗さん

宮崎市田野町にある家族経営の焼酎蔵「渡邊酒造場」は、原料芋の栽培から蒸溜後のもろみ滓(かす)の再利用化まで、循環型の焼酎づくりをモットーとしています。4代目の渡邊幸一朗さんにとって「焼酎造りは農業その...

Read More ...

Jul 29, 2021

大地からの声――31 島から見るコロナ禍とこれからの漁師の仕事。 神津島漁師「大生丸」浜川一生さん

コロナ禍で島の人々の仕事と暮らしはどうなっているだろう? 多くの人が気になっているのではないでしょうか。東京・神津島の漁師、浜川一生さんに感染拡大以降の仕事の状況と島の様子をお聞きしました。 医療体制...

Read More ...

Jun 28, 2021

大地からの声――30 2つの災害と向き合って思うこと。 「村一果樹園」村田吉隆さん、一葉さん

「目の前のできることを行なっていくという想いで2020年は駆け抜けた」――長野県東御市(とうみし)でブドウ、リンゴ、洋梨を栽培する「村一果樹園」の村田吉隆さん、一葉さんは語ります。2019年10月、台...

Read More ...

May 24, 2021

大地からの声――29 「withコロナ」以上に「with気候変動」。 「タケダワイナリー」 岸平典子さん

昨年(2020年)、創業100周年を迎えた山形県上山市の「タケダワイナリー」。創業以来、周辺の農家と連携しながら、地場のブドウのみでテーブルワインからシャンパーニュ方式によるスパークリングワインまで造...

Read More ...

Apr 15, 2021

大地からの声――28 いりこから見る日本の海と食卓。 「やまくに」 山下公一さん

香川県観音寺市の「やまくに」は明治20年創業、家族3人で営むいりこ屋さんです。鰹節や昆布に押されがちなだし勢力図の中で、いりこの存在感アップに尽力してきました。「いりこのおっちゃん」の愛称で親しまれる...

Read More ...

Mar 15, 2021

大地からの声――27 本当の地域活性とは何か? 「おおち山くじら」 森田朱音さん

町の9割が森林を占める島根県邑智郡美郷町。害獣被害が深刻化した約20年前から、「イノシシと共生する町」をキャッチフレーズに、行政と住民が一体となってイノシシなどの駆除と活用に取り組んできました。森田朱...

Read More ...

Nov 16, 2020

大地からの声――26 ビールを通じて社会課題を伝える。 「フジヤマハンターズビール」 深澤道男さん

静岡県富士宮市の山里、柚野にある「フジヤマハンターズビール」は今年6月、醸造に使う電力を100%自然由来のエネルギーに切り換えました。深澤道男さんが目指すのは、ビールを通じて社会が抱える課題を伝えてい...

Read More ...

Oct 26, 2020

大地からの声――25自然を思い通りにすることはできない。「はちみつ草野」 草野竜也さん

「ハチは自然界の運送屋」――新潟市で養蜂を営む「はちみつ草野」の草野竜也さんは言います。彼らがいなければ、植物の受粉は成り立たず、実りも得られず、種の保存もされず、動物や人間は植物の恩恵を受けられない...

Read More ...

Oct 19, 2020

大地からの声――24カカオ農家の良きパートナーでありたい。「Minimal ‐Bean to Bar Chocolate‐」 山下貴嗣さん

日本を代表するBean to Barの担い手「Minimal(ミニマル)」の山下貴嗣さんは、カカオ豆の品質向上や農家の収入向上のための技術支援を行ない、フェアトレードによる仕入れを徹底しています。その...

Read More ...

Oct 08, 2020

大地からの声――23地域のインフラとして機能していく。「ONIBUS COFFEE」 坂尾篤史さん

「ONIBUS COFFEE(オニバスコーヒー)」の坂尾篤史さんは、コーヒーショップを「地域のインフラ」と位置付けています。新型コロナウイルス感染拡大期の営業自粛要請に対して、「休業したら、インフラと...

Read More ...

Sep 25, 2020

PEOPLE