HOME 〉

ABOUT US

ABOUT US

私たちについて

活動理念

「作り手(生産者)」「使い手(料理人)」「食べ手(生活者)」を結ぶ
メディア活動を続けます。

「良く生きることは、良く食べること」
食べるという行為に能動的に取り組む生き方を提示したい。

2006年に雑誌『料理通信』をスタートした当初から、私たちは
「作り手(生産者)」「使い手(料理人)」「食べ手(生活者)」を結ぶ
メディア活動を続けてきました。

なぜなら食は「3者の循環」があって成り立つものだから。
使い手、食べ手へと届かなければ食材の生命は生かされず、
食べ手が求めなければ、消えてしまう品種や技術、文化があります。

食の世界で働く人たちの仕事やクリエイティビティを知ることは、
「より深く味わう」ことにつながり、
口に入れるものを選ぶことは、豊かな食の未来を耕す一票となる。

一人ひとりが自分の頭で考え、「より良い食べ方」を実践していくために、
これからも私たちは3者を結ぶメディア活動を続けます。

私たちが目指すこと

食で未来をつくる
食の未来を考える

食べ方を変えると、未来が変わる。
大げさに聞こえるかもしれませんが、
「食べる」という行為は365日、生きている間続きます。

何を食べるか? どこで食べるか? 誰と食べるか? いつ食べるか?
気候変動への危機感から、若い世代の間で肉を食べない選択をする人が増えているように
「食べる」という行為を「アクション」と捉えると、
一人ひとりの選択は、未来を変える力がある。

食の世界の最前線でも、「ガストロノミーには社会を変える力がある」ことを
示す事例が次々と目撃されています。

「食」は人間の営みゆえに地域、経済、科学、健康などあらゆる領域とつながり、
「自分を起点にできる」ことが、何よりの強み。

食を切り口に「こんな社会、未来になってほしい」へ向けて行動する様々な人たちと共に、
これからの時代の「より良い食べ方」を料理通信は探求していきます。

これまでの歩み

2006年 雑誌『料理通信』創刊

2016年 「Web料理通信」運営開始

2016年 MEETUP開催

2019年 カンファレンス開催

料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。