HOME 〉

NEWS

【南極旅行の玄関口】極限の地が育てたチリ産パタゴニアラム肉を味わう期間限定メニュー

9月29日から10月まで@RIGOLETTO

Sep 29, 2022

photographs by ProChile

南米大陸の南部、南極大陸の目と鼻の先に位置するチリ・パタゴニア。極限的な気候条件の下、牧草で育てられたパタゴニアラムは、生後3~4カ月でと畜されるため、他の産地に比べて肉質が赤身で小ぶり。くせがなく、やわらかいのが特長で、アニマルウェルフェアやサステナビリティに沿った生産体制を整備し、欧州では高品質な食材として位置づけられています。日本では、2021年9月より外食産業向けに流通が始まっています

日本とチリの友好125周年を記念したキャンペーンとして、スパニッシュイタリアンのダイニング「RIGOLETTO(リゴレット)」にて、チリ産パタゴニアラムを使った期間限定メニュー「チリ産パタゴニアラムと茸のハーブバターロースト」(写真右)「チリ産パタゴニアラムの香草パン粉焼き」(写真左)が提供されています(各¥2,970、税込み)。チリ産プレミアムワインとのペアリングも楽しめます。極限の地が育んだ滋味深い味わい、ぜひお試しを。

 

チリ国内の羊の飼育数の77%をチリ最南端のマガジャネス州が占める。今回のキャンペーンに使用される生産者「Simunovic(シムノビッチ)」は国を代表するブランドで、EU圏でも商標登録されている。


<チリ産パタゴニアラム×チリ産プレミアムワインのキャンペーン>

■実施期間:2022年9月29日(木)~10月(数量限定入荷のため、在庫がなくなり次第終了します)
■実施店舗:RIGOLETTO主要10店舗(渋谷、吉祥寺、丸の内、六本木、銀座、中目黒、横浜、二子玉川、スカイツリー、仙台)
www.huge.co.jp/restaurant/rigoletto

(「料理通信」のNewsコーナーでは、食に関する新商品やサービス、イベント情報をお届けします)

料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。