HOME 〉

最新号のご紹介 雑誌『料理通信』

雑誌『料理通信』2017年6月号

MAGAZINE




  • 2017年6月号 定価: 1,008円(税込) 雑誌(紙版)のご購入

    全国書店にて販売している他、オンライン書店でもご購入いただけます。(以下、一例)

    ※バックナンバーはFujisan.co.jp、バックナンバー常設店にてお求めいただくか、お近くの書店にてご注文ください。

    定期購読を申し込む


    お申し込みはこちらから
    デジタル版のご購入

      
    デジタル版(電子版)『料理通信』は下記のオンライン書店からご購入いただけます。(以下、一例)

    PCやスマートフォン、タブレット等、対応デバイスは各サービス会社にお問い合わせください。





  •  目次&中身を見る




    • 巻頭特集

      パンの味は、“発酵”が作る!

      • パン作りにおいて、粉や窯はもちろん大切ですが、何より重要なのは「発酵」。2017年のパン特集は、より良い「発酵」を目指すパン職人たちを訪ね、一人ひとりの「発酵」との向き合い方をクローズアップします。

    • 【発酵対談】パンの味は「発酵」で決まる!

      • 「タルイベーカリー」樽井勇人さんと「カタネベーカリー」片根大輔さんの発酵対談。支持されるパン作りの根底には、それぞれの「発酵」との向き合い方があることは間違いありません。レシピと共にお届けします。


    • 人気ブーランジェが語る“私の発酵”

      • パン作りのプロセスの中でも、発酵にかける時間が最も長く、発酵こそパン作りのキモ。発酵とひと口に言っても、アプローチは様々です。街で評判の7店のパン屋さんに、発酵の考え方とメソッドを聞きました。


    • 小さなキッチンでおいしく発酵させるコツ

      • バルやカフェ、レストランでおいしいパンに出会うことが増えました。十分な設備がなくても、おいしいパンを焼こうとする気持ちはブーランジェと同じ。小さなキッチンならではのパン作りを紹介します。


    • 第2特集

      大使館に教わるカクテル&つまみ Vol.3

      • 「食卓外交」という言葉通り、外交の場で食は重要な役割を果たしてきました。各国大使館にカクテルとつまみを教わる人気企画。普段は見ることができない、おもてなしの舞台となる大使館や公邸の内部も紹介します。


    • TOPIC

      今、国産シードルが熱い!!

      • リンゴで造る醸造酒、シードルが今、世界的ブームです。国産シードルも次々と登場。日本ならではの味が今、生まれ始めています。今、押さえておきたい20本を、4つのキーワードを立てながら専門家がナビゲート!


    • 人気連載

      絶対作れる! 挑戦レシピ(最終回)
      「鶏ハム」龍口酒家

      • 長い間、ご愛読いただいた挑戦レシピは、今回が最終回。トリを飾るのは「鶏ハム」。鶏を一羽丸ごとハムにするという大胆なレシピはシェフのオリジナル。燻製術も必見です。東京・幡ヶ谷「龍口酒家」石橋 幸さんに教わります。

    •  目次&中身を見る




2017年バックナンバー


ログイン

まだ会員になっていない方

現在登録しているメールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた

パスワードを忘れた方へ

パスワードを忘れた方は以下のフォームに登録時のメールアドレスを入力し、送信して下さい。
ご登録されているメールアドレスに仮パスワードをお送りします。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録

パスワードを忘れた方へ

パスワードを忘れた方は以下のフォームに登録時のメールアドレスを入力し、送信して下さい。
ご登録されているメールアドレスに仮パスワードをお送りします。

ご注意:送信ボタンは一度だけ押してください。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録

パスワードを忘れた方へ

ご登録されているメールアドレスに
仮パスワードをお送りいたしました。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録