シェフ

ヤゲン軟骨をイタリアン仕立てに。「鶏軟骨のアーリオ・オーリオ」
レスキューレシピ【鶏肉編】

日本の食品ロス量は年間570万トン*と言われています。生鮮食品においても、豊作で余ったり、規格外、傷、スレがあって売り物にならず、行き場のない食品が日々廃棄されているのです。生産者が丹精込めて作った食...

Read More ...

Dec 08, 2022

【DIYレシピ14】韓国産赤唐辛子で鮮やかに。余計なものを入れない「明太子」
東京・銀座「せろ」伊藤憲二さん

塩蔵、乾燥、発酵・・・調理メソッド&テクニックを身に着けて、普段買っている食べ物を一から作ってみると、自分で味を作る喜びや安心感を得られます。天日に干したり、発酵させたり、自然の力にゆだねるレシピは、...

Read More ...

Dec 05, 2022

アリス・ウォータース『スローフード宣言』出版記念!生江史伸シェフ、スローな島・海士町へ。

アリス・ウォータースの新著『スローフード宣言-食べることは生きること』が、10月29日、発売された。版元は、隠岐諸島の一角を成す離島、島根県海士町(あまちょう)の小さな出版社「海士の風」だ。アリスが同...

Read More ...

Dec 05, 2022

アンチョビー&ローズマリーで深まる味。「トスカーナ風鶏レバーペースト」
レスキューレシピ【鶏肉編】

日本の食品ロス量は年間570万トン*と言われています。生鮮食品においても、豊作で余ったり、規格外、傷、スレがあって売り物にならず、行き場のない食品が日々廃棄されているのです。生産者が丹精込めて作った食...

Read More ...

Dec 01, 2022

時代とともに進化する料理コンクール
第55回<ル・テタンジェ賞>国際シグネチャーキュイジーヌコンクール2022最終審査報告

シェフを目指す若手料理人の登竜門、<ル・テタンジェ賞>国際シグネチャーキュイジーヌコンクールは、老舗シャンパーニュメゾン「テタンジェ」によって1967年に誕生。数あるフランス料理のコンクールの中でも、...

Read More ...

Dec 01, 2022

沖縄の島豚“アグー”を巡る旅。
東京・京都で希少なブランド豚を味わえるフェア開催中

小型で四肢が短く、ずんぐりした体型。豚というよりイノシシに近い野性的な風貌が特徴の沖縄の豚、アグー。希少な豚を味わえるフェアに先駆け「パーク ハイアット 京都」の久岡寛平シェフと、アグーを守り、育む生...

Read More ...

Nov 28, 2022

身近な食材でできる「食養生」。土鍋で炊く冬の薬膳スープ
スローレシピ07

材料をイチから用意し、時間をかけて、料理すること自体をゆっくりと楽しむ。それが“スローなレシピ”。時短とは真逆の価値観の先に、とびきりの味が待っています。寒くなってきた今月は、体も心も温まる、スローな...

Read More ...

Nov 24, 2022

食の世界の“働き方改革”の動き【注目記事5選】

食の世界でも働き方への意識改革が求められています。長時間で不規則、重労働が当たり前とされてきた業界で、未来を見据え、従来のあり方を見直して労働環境を改善する取り組みが始まっています。勤労感謝の日を前に...

Read More ...

Nov 21, 2022

時間にしか作れない味がある。「グリーンピースのトリフォラーティ」
スローレシピ06

材料をイチから用意し、時間をかけて、料理すること自体をゆっくりと楽しむ。それが“スローなレシピ”。時短とは真逆の価値観の先に、とびきりの味が待っています。寒くなってきた今月は、体も心も温まる、スローな...

Read More ...

Nov 17, 2022

店でも家でも!アルト・アディジェの山ワイン×フードの楽しみ方
料理家 重信初江さん×「ラ・テンダ・ロッサ」永瀬喜洋さん

アルプス山脈の南側、アルト・アディジェ地方はイタリア最北端のワイン産地であり、国内生産量におけるシェアは1%未満。しかし、標高差と複雑な土壌に合わせて栽培するブドウは多岐にわたり、圧倒的に「量より質」...

Read More ...

Nov 17, 2022

イタリアのナス食べ尽くし術。“焼き”と“揚げ”2種類のナスのマリネ
プラントベースの始め方24

健康や環境への配慮から、植物性の食材を主体とする“プラントベース(Plant Based)”な食事法が注目されています。肉や魚や乳製品に頼らずとも「おいしい」料理を作る知恵は、世界各地に存在します。身...

Read More ...

Nov 14, 2022

FEATURE