Italy [Milano]
北イタリアに美食系ナポリピッツァブーム到来

グルメ化した高級ピッツァがミラノで増殖中だ。ジーノ・ソブリッロが手掛けるドゥオーモ近くの「リエヴィト・マードレ」を皮切りに、焼き上がってからオイルをかける「オリオ・ア・クルード」、栄養価が高く、かつ扱いやすい有機栽培小麦の半全粒粉を使う「ベルベレ」など枚挙に暇がない。
Read More ...

Nomadic Kitchen
野村友里さん、吉川倫平さんが行く
カリフォルニアプルーンの魅力を探す旅

カリフォルニア プルーンは、古くからカリフォルニアを代表する特産物として、地元の人たちに愛されている食材です。日々、生産者と交流する「Nomadic Kitchen」の野村友里さん、吉川倫平さんが、第二の故郷、カリフォルニアでプルーンの魅力を探す旅へ出ました。
Read More ...

岩手、不屈の食文化を支える魂

高い木がまばらに生える岩手県の三陸海岸。レストラン「ロレオール田野畑」は、その海岸を見晴らせる切り立った断崖の上にあります。霧雨が降る7月初旬のある朝、眼下の入り江から聞こえてくるのは、ごつごつした岩にぶつかる波の音。
Read More ...

kiri® Premium Story
Vol.8
ついに最優秀賞が決定!
「第13回 キリ クリームチーズ コンクール」
最終審査レポート②パティシエたちの熱き戦い

国内でもトップクラスのレベルの高さと規模を誇る「キリ クリームチーズ コンクール」。13回目を迎えた今回は、過去の苦い経験をバネにし、実力を磨いてきたパティシエも多く参戦しました。
Read More ...

kiri® Premium Story
Vol.7
ついに最優秀賞が決定!
「第13回 キリ クリームチーズ コンクール」
最終審査レポート①コンクールから見えた未来

「どの部門も、回を重ねるごとに、どんどんレベルが上がっています」と審査員を務めた横田秀夫シェフが評するほど、大きな盛り上がりを見せた「キリ クリームチーズ コンクール」。
2000年に第1回がスタートして以来、これまで4000作品を超える応募があり、キリ クリームチーズの可能性を広げるアイデアと作品が誕生してきました。
Read More ...

シェフたちはなぜ、コラボするのか?
「コラボ」という名の「セッション」

シェフ同士のコラボレーションが活発化しています。
あるシェフが言いました、「コラボによって、僕たちのクリエイションは前進する」。
その言葉を聞いた時、最近のレストランシーンにおけるコラボの意味は、思っている以上に大きいのかもしれない、と気付かされました。
Read More ...

ロゼシャンパーニュの真価を知っていますか?
一年中、料理と共に愉しみたい
テタンジェ プレスティージュ ロゼの魅力
vol.2 三田「桃の木」小林武志シェフ

シャンパーニュの中でもひときわ華やかな存在で、多くの女性に愛されるロゼシャンパーニュ。その真価は、実は料理と合わせてこそ発揮されることをご存知ですか?
人気シェフが語る「テタンジェ プレスティージュ ロゼ」と料理のマリアージュ。
第2回は三田の本格中国料理「桃の木」小林武志シェフに語っていただきます。
Read More ...

Germany[Berlin]
クラフト化の波はベルモットにも

ドイツ語で“ニガヨモギ”を意味するベルモット。ニガヨモギを中心に様々なハーブで白ワインに香りをつけたフレーバードワインの一種だが、欧州ではジンに続くトレンドドリンクとして注目が集まっている。
Read More ...