最新更新情報

  • MAGAZINE 雑誌 最新号

    2014/4/5 

    プロのキッチンから教わる!我が家で役立つ道具、レシピ、コツ

    食材が集まり、人が集まり、情報が集まる場所――それがキッチン。小さくても、たとえ限られた道具しかなくても大丈夫。プロのキッチンをお手本に、食生活を楽しく豊かにするヒントを探しました。道具とレシピの集大成です!
    続きを読む...

  • PREMIUM 会員限定

    2014/4/5 

    「アンティークコーディネーター」古澤千恵

    好きなことで食べていこうと、自力で道を開いた人たちがいます。 自ら職業名を作り、新しい職種として確立させた人も少なくありません。 先達が引いたレールの上をたどるのではなく、 自分でレールを敷いていく――。 そのために、彼らは何に着目し、 何を足掛かりとしたのでしょうか。 新しい食の職業をつくり上げた人々の仕事の軌跡を追う中で、 “好きを仕事にする方法”を見出していきます。
    続きを読む...

  • PREMIUM 会員限定

    「アヒルストア」齊藤輝彦

    『料理通信』の人気特集「小さくて強い店は、どう作る?」 に登場する店をみていると、「自分のスタイルを持つ」ことが 店づくりの成功条件ということがわかります。 カフェやバルといった日常的な形態の店が増え、 「店主の個性=店の魅力」という側面が強くなっている。 とはいえ、そう簡単に独自のスタイルが作れるわけでもありません。 「独自のスタイルがある」と称される店の店主たちは、 いかに自分のスタイルを築いていったのか?  お手本とすべき店主をロングインタビューする中で見えてきた、 考え方と方法論をお伝えします。
    続きを読む...

  • ガストロノミー

    (日本語 / English)

    アジアのガストロノミー「アジアのベストレストラン50」が発表

    雑誌『料理通信』の人気連載「絶対作れる!挑戦レシピ」でもおなじみのコラムニスト、中村孝則氏。「アジアのベストレストラン50」で日本の評議員代表を務める中村氏が、授賞式やフォーラムの現地での様子をレポートする。
    続きを読む...

  • PREMIUM 会員限定

    「仏ワーキングホリデー就労サポート」佐藤美恵子

    好きなことで食べていこうと、自力で道を開いた人たちがいます。 自ら職業名を作り、新しい職種として確立させた人も少なくありません。 先達が引いたレールの上をたどるのではなく、 自分でレールを敷いていく――。 そのために、彼らは何に着目し、 何を足掛かりとしたのでしょうか。 新しい食の職業をつくり上げた人々の仕事の軌跡を追う中で、 “好きを仕事にする方法”を見出していきます。
    続きを読む...

  • 和歌山 食事情レポート

    シンガポール食事情 (全2回) Vol.1

    海外で和歌山県産食材の販路拡大を目指すには、まず、現地で暮らす人のライフスタイルやその食事情を学ぶことが重要です。世界中からあらゆる食材が集まり、競争の激しいシンガポール市場において、どのチャネルを選び、いかにアプローチするか。勝機につながるヒントを探るべく、その食事情を2回に分けてレポートします。
    続きを読む...

  • 和歌山 試食会レポート

    (日本語 / English)

    和歌山県産食材、海を渡る。 試食会 in シンガポール レポート

    国境を越え、海外市場にも販路拡大を図る和歌山県。目指したのは、アジア有数の経済都市、シンガポールでした。和歌山県産食材のおいしさを伝えるために現地で開催した試食会をレポートします。
    続きを読む...

  • PREMIUM 会員限定

    「OGINO」「ターブルOGINO」荻野伸也さん

    『料理通信』の人気特集「小さくて強い店は、どう作る?」 に登場する店をみていると、「自分のスタイルを持つ」ことが 店づくりの成功条件ということがわかります。 カフェやバルといった日常的な形態の店が増え、 「店主の個性=店の魅力」という側面が強くなっている。 とはいえ、そう簡単に独自のスタイルが作れるわけでもありません。 「独自のスタイルがある」と称される店の店主たちは、 いかに自分のスタイルを築いていったのか?  お手本とすべき店主をロングインタビューする中で見えてきた、 考え方と方法論をお伝えします。
    続きを読む...

  • のもの 秋葉原店

    郷土の味覚や食文化を、もっと気軽に、日常に 地産品ショップ「のもの 秋葉原店」がオープン

    旬のもの、地のもの、縁のもの。
    東日本各地のさまざまな“のもの”を取りそろえた、JR東日本のエキナカ地産品ショップ「のもの」。上野店に続き、2号店が3月7日、秋葉原駅内に誕生した。日本各地の味覚を探求し、「全国お宝食材コンテスト」や「食の文化遺産巡り」などを手掛けてきた料理通信も、この「のもの」プロジェクトに参画しており、“日本の食”を伝える注目の店としてここに紹介する。
    続きを読む...

  • PREMIUM 会員限定

    「binot」阿部剛さん

    『料理通信』の人気特集「小さくて強い店は、どう作る?」 に登場する店をみていると、「自分のスタイルを持つ」ことが 店づくりの成功条件ということがわかります。 カフェやバルといった日常的な形態の店が増え、 「店主の個性=店の魅力」という側面が強くなっている。 とはいえ、そう簡単に独自のスタイルが作れるわけでもありません。 「独自のスタイルがある」と称される店の店主たちは、 いかに自分のスタイルを築いていったのか?  お手本とすべき店主をロングインタビューする中で見えてきた、 考え方と方法論をお伝えします。
    続きを読む...

  • ショッピング

    料理通信オリジナルはじめのカレー粉

    料理通信が企画、その道のプロが商品化する「味の不思議を知る」プロジェクトシリーズ
    「スパイスからカレーを作ってみたい!」
    究極にシンプルな極上カレー粉。このカレー粉でつくる絶品チキンカレーのレシピカードも付いています。
    続きを読む...

  • ショッピング

    料理通信オリジナル キレ味スパイスキット

    料理通信が企画、その道のプロが商品化する「味の不思議を知る」プロジェクトシリーズ
    「スパイスからカレーを作ってみたい!」
    「はじめのカレー粉」(ベースブレンド)と3種の「アクセントスパイス」をひとつのキットにしました。第1弾のテーマは「キレ味」。このキットを使って調合にチャレンジ!自分好みの”キレ味カレー”を作ってみませんか。
    続きを読む...

  • ショッピング

    PERCEVAL「9.47」

    「ル・フランセ」と呼ばれるフランス伝統の17世紀のナイフを洗練させたPercevalのフラッグシップモデル。「9.47」という名前の由来は、現オーナーのイヴ・シャルルがこのナイフを作ることを思いついた時に飲んでいたアルコール度数9.47%のヌーヴォーワイン(自然派ワイン「Peyra」のステファン・マジョーヌが持参したワイン)から。
    続きを読む...

  • 四川流スパイスレシピ

    「老四川 飄香」井桁良樹シェフが伝授する四川流ミックススパイスの作り方&使い方

    四川料理の神髄を伝えたい
    “老”=“昔ながらの”。 「百の素材があれば、百の調理法がある」と言われる伝統的な四川料理の神髄を伝えたい。 そんな思いから、井桁さんは店名の頭に「老四川」という言葉を添えました。
    続きを読む...

  • CHEF シェフ

    シェフ名鑑 ZURRIOLA/スリオラ
    本多誠一 シェフ

    「スリオラ」のある麻布十番は話題の店がひしめくレストラン激戦区。この特集に登場している数軒も徒歩圏内にある。場所柄、否が応にも「スリオラでなきゃいけない理由」を求められてきた。それをシェフの本多さんは「スペイン料理の伝統」に据えている。続きを読む...

  • フランスパンのレシピ

    「ドンク」仁瓶利夫シェフが伝授するフランスパン

    凄すぎて凄く見えない技術
    仁瓶利夫さんは、編集部が最も尊敬するパン職人です。
    パンに関する該博な知識、凄すぎて凄く見えない技術、頑固一徹の職人気質。そのすべてに魅了されています。 話が長い(恐ろしく長い)ところだけ、ちょっと難ですが。

    続きを読む...

  • GUIDE 店ガイド

    スリオラ ZURRIOLA
    東京都/麻布十番

    住所 東京都港区麻布十番3-2-7 リゾーム麻布十番 1F
    電話番号 03-5730-0240
    営業時間 11:30〜13:30 LO 18:00〜21:30 LO
    定休日 月曜休
    続きを読む...

  • プレゼント応募

    2014/4/5 

    高貴なエムペルトレ種100%のExtra virgin olive oil「ラ・カランディナ」

    スペイン北部、アラゴン州の地元の人の間で長く愛されてきた“エムペルトレ種”のオリーブのみを使用し、伝統の知恵と最新式の機械技術を結集したエキストラ・ヴァージン・オリーブオイルの逸品です。3名様にプレゼントします。
    続きを読む...

  • 日本の食 2014年4月、新たにスタート!

    「Eating with Creativity. 食に知恵と工夫を。生み出す力を。」をテーマに掲げる料理通信が2014年4月、新たにスタートするWEBコンテンツ、それが「日本の食」です。 日本各地の“食”に関する情報発信や連載を続けてきた料理通信が、都道府県別にコンテンツを順次アーカイブ。 さらに旬のトピックスやイベント情報、食のお仕事応援に役立つさまざまな情報とともに、オンラインショッピングも活用しながら、食の知識と体験の連動を図っていきます。
    続きを読む...

  • 料理通信をiPad iPhoneで見る

PAGE TOP

ログイン

まだ会員になっていない方

現在登録しているメールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた

パスワードを忘れた方へ

パスワードを忘れた方は以下のフォームに登録時のメールアドレスを入力し、送信して下さい。
ご登録されているメールアドレスに仮パスワードをお送りします。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録

パスワードを忘れた方へ

パスワードを忘れた方は以下のフォームに登録時のメールアドレスを入力し、送信して下さい。
ご登録されているメールアドレスに仮パスワードをお送りします。

ご注意:送信ボタンは一度だけ押してください。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録

パスワードを忘れた方へ

ご登録されているメールアドレスに
仮パスワードをお送りいたしました。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録