パオロ・マッソブリオのイタリア20州旨いもの案内
vol.3 ピエモンテ州アレッサンドリアの“縫い合わせた”生サラミ

「おばあさんは豚肉を縫っていました・・・・」などと言えば、魔法使いのおとぎ話の冒頭かと思われるかもしれない。が、これはsalame cucito(サラメ・クチート=縫い合わせたサラミの意)と呼ばれる伝統あるサラミの話で、主役はピエモンテ州アレッサンドリアにあるTortona(トルトーナ)の町の背後に広がる渓谷の特産物だ。
Read More ...

日本[東京]
「SAKE2020プロジェクト」キックオフイベントが開催されました

「飲みにくい」「悪酔いする」そんなイメージをもたれていたのはもう遠い過去の話。
蔵元やメーカー、提供する飲食店の努力により、日本酒のイメージは一新され、今では、多くのメディアに取り上げられ、各地で日本酒イベントが開催されるなど確実な盛り上がりをみせています。
Read More ...

あるがままの自然を生かす
水俣・芦北(あしきた)のものづくり

アシアカエビ、甘夏、サラダたまねぎで構成された春らしい一皿は、いずれも熊本県水俣・芦北産。3月12日に広尾「アクアパッツァ」で開催された「水俣・芦北フェア」のコースで提供された前菜です。このフェアに先駆け、2月下旬、日髙良実シェフはフェアで使う食材すべての生産者さんを訪ねる旅に出ました。
Read More ...

もっと身近に、もっと知りたいロメインレタスのABC
vol.1 日本生まれの「ロマリア」を知っていますか?

シーザーサラダでお馴染みのロメインレタス。でも、サラダ以外にも活躍する野菜だって、ご存知ですか?葉が肉厚でバリバリ、サクサクの食感。加熱してもボリュームを損なわず、手で簡単にばらせて調理もスピードアップ。
Read More ...

もっと身近に、もっと知りたいロメインレタスのABC
vol.2 「加熱するとおいしい」って知っていますか?

料理研究家の植松良枝さんに教わったのは、ロメインレタスを使ったホットサラダのレシピ。さらに、加熱調理したロメインレタスのメニューをいち早く取り入れた、カフェ&ダイニング「アロハアミーゴ」では、鉄板でロメインレタスを焼いて作るシーザーサラダについて話を伺い、加熱してもおいしいロメインレタスの魅力に迫りました。
Read More ...