HOME 〉

雑誌『料理通信』2019年2月号

雑誌『料理通信』2019年2月号

MAGAZINE




  • 2019年2月号 定価: 1,008円(税込) 雑誌(紙版)のご購入

    全国書店にて販売している他、オンライン書店でもご購入いただけます。(以下、一例)

    ※バックナンバーはFujisan.co.jp、バックナンバー常設店にてお求めいただくか、お近くの書店にてご注文ください。

    定期購読を申し込む


    お申し込みはこちらから
    デジタル版のご購入

      
    デジタル版(電子版)『料理通信』は下記のオンライン書店からご購入いただけます。(以下、一例)

    PCやスマートフォン、タブレット等、対応デバイスは各サービス会社にお問い合わせください。





  •  目次&中身を見る




    • 巻頭特集

      菓子好き、道具好き。

      • 道具使いは、お菓子作りにおけるもうひとつの味の秘訣。道具への思いが、お菓子をおいしくしているのは間違いありません。お菓子作りがレベルアップする道具の世界へ、いざご案内しましょう。基本のお菓子レシピも満載!

    • 道具選び【入門編】【上級編】

      • 入門編は「菓子工房ルスルス」の最小限の道具選びアドバイス。上級編は「エーグルドゥース」の道具考。本スイーツ特集ではメーカー名も記載し、セレクト理由や使い方をレシピと共に紹介。リアルな仕事道具は必見です!


    • 魅惑の菓子型

      • レモンケーキ型、カヌレ型、ブリオッシュ型、クグロフ型・・・etc. 形のない素材に、くっきりとした輪郭を与える菓子型。生地作りをマスターして、あなたも憧れの型に流してみませんか?


    • これで食べるからいっそうおいしくなる!
      【食べる道具20】

      • お菓子のおいしさを最大限感じられるよう、器やカトラリーなど食べるための道具も最適なものを選びたい。こだわりの道具で作った人気の3店のお菓子と共に、切る&すくう道具、口に運ぶ道具、盛り付ける道具を紹介。


    • 第2特集

      【だし×具材×薬味×締め】で楽しむ
      ローカル鍋レシピ

      • 鍋料理は各地の気候風土と人々の暮らしぶり=生活風土が映し出される食べ物です。だし、具材、薬味の組み合わせ&締めのチョイスまで、日本各地の鍋レシピに、マンネリ化しがちな鍋料理に新鮮味をふきこむヒントを探ります。


    • 人気連載

      料理上手と呼ばれたい……。
      「プルーン・ピーカン・ブラウニー」

      • サッカー元日本代表の通訳やテニス番組のナビゲーターなど様々な場で活躍するフローラン・ダバディさんが、「モーニングトン・クレセント」ステイシー・ウォードさんに弟子入り。塩味が効いたブラウニーに挑戦します!


    • 人気連載

      生涯現役

      • 世間では定年と言われる年齢を過ぎても元気に仕事を続けている“生涯現役”な食のプロたち。「まだ80代」と話してくれた今回の主役は、三重・伊勢の酒場「一月家」の森田進さん(御年85歳)。58年間、1日も休まず皆勤!

    •  目次&中身を見る




2019年バックナンバー


ログイン

まだ会員になっていない方

現在登録しているメールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた

パスワードを忘れた方へ

パスワードを忘れた方は以下のフォームに登録時のメールアドレスを入力し、送信して下さい。
ご登録されているメールアドレスに仮パスワードをお送りします。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録

パスワードを忘れた方へ

パスワードを忘れた方は以下のフォームに登録時のメールアドレスを入力し、送信して下さい。
ご登録されているメールアドレスに仮パスワードをお送りします。

ご注意:送信ボタンは一度だけ押してください。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録

パスワードを忘れた方へ

ご登録されているメールアドレスに
仮パスワードをお送りいたしました。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録