HOME 〉

NEWS

食に関する新商品・イベント情報

NEWS




  • 2018.10.23
    「パスタ・ワールド・チャンピオンシップ 2018」いよいよ開催!

    「パスタ・ワールド・チャンピオンシップ 2018」いよいよ開催!
    バリラが主催する「パスタ・ワールド・チャンピオンシップ 2018」の世界大会が、いよいよ10月24日(水)よりイタリア・ミラノで開催されます。今回は世界17カ国以上から18名が参加。用意された3つの審査テーマに従ってトーナメント方式で進められ、“ワールドパスタデー”である10月25日(木)に決勝戦が行われます。日本からは「Villa della Pace」平田明珠シェフが出場。日本予選で審査員を務め、自身も日本代表として出場した山田剛嗣氏、宮本義隆シェフ、弓削啓太シェフのアドバイスのもと、さらに磨きをかけてきた技術力と創造力で、本選での上位入賞を目指します。詳細は下記サイトにて。



  • 2018.10.22
    イタリア産リキュール「ディサローノ・アマレット」ミニチュアボトル新発売

    イタリア産リキュール「ディサローノ・アマレット」ミニチュアボトル新発売
    アマレットの中でも有名なブランドである「ディサローノ・アマレット」のミニチュアボトル(50ml)が、モンテ物産より今秋発売されました。アーモンドやバニラの豊かな香りと上品な甘さ、フルーティーな味わいが特徴の「ディサローノ・アマレット」は、ヴェネツィアのムラーノ島出身のガラス職人が手がけたスタイリッシュなボトルでも人気。キュートなミニチュアボトルは、お菓子作りで少量使いたいときや、お酒好きな型へのプレゼントにも最適です。商品の詳細は下記サイトにて。



  • 2018.10.19
    「メツゲライクスダ」楠田裕彦シェフによるシャルキュトリー講座開催

    「メツゲライクスダ」楠田裕彦シェフによるシャルキュトリー講座開催
    ル・コルドン・ブルー・ジャパン神戸校にて、兵庫・芦屋「メツゲライクスダ」オーナーシェフの楠田裕彦さんを講師に迎えた特別クラスが開催されます。メニューは「鴨肉ときのこのテリーヌ」と「ブーダンブラン 柚子胡椒の香り」の2種。ドイツとフランスで研鑽を積み、国内外の主要コンクールにて受賞歴を多数もつシャルキュティエの技術を間近に見て、学ぶことができる貴重な機会。調理、製パンに興味があるすべての方が対象です。10月29日(月)18:00~21:00、受講料7,000円(デモンストレーション形式、試食あり)。お申込み・詳細は下記サイトにて。



  • 2018.10.18
    食べることを楽しみながら考えるプログラム「日々、これ食卓06」

    食べることを楽しみながら考えるプログラム「日々、これ食卓06」
    食にまつわる正直なものづくりに携わる方々を講師に迎え、その想いに触れ、味わうことで、食べることを楽しみながら考えるプログラムのシリーズ第6弾「日々、これ食卓06」がスタートします。全6回のコースで、「土」「豆腐」「いしり」「海苔」「オリーブ」がテーマ食材。座学に加え「一汁一菜一結」の料理をいただくもので、最終回のみ参加者によるポットラック形式の食事会を開催します。初回は10月20日(土)で毎月1回開催、会場はクラブヒルサイドサロン(東京・代官山)。参加費は一般:30,000円/クラブヒルサイド会員・学生:27,000円(要事前振込)。2回目の11月10日(土)からの通期参加や、単発参加の募集もあります。詳細は下記サイトにて。



  • 2018.10.18
    パスタを食べて支援する「アマトリチャーナデイ」開催

    パスタを食べて支援する「アマトリチャーナデイ」開催
    2016年8月に起きたイタリア中部大地震を支援するチャリティイベント「アマトリチャーナデイ」が、11月18日(日)にコミュニティカフェななつのこ(東京・千歳烏山)で開催されます。3回目を迎える今回は、日本全国から30名以上の料理人が集結。スパゲッティ・アマトリチャーナをはじめ、多くのイタリア料理をふるまいます。また今年は「共生―SIMBIOSI―」をスローガンに、日本の被災地も支援。募金やオークションなども行われ、売上は在日イタリア大使館および日本赤十字社に寄付されます。11時~18時(最終入場17時)。フードチケット1,000円。詳細は下記サイトにて。






  • 2018.10.17
    吉野建シェフの新店舗でスタッフを募集

    吉野建シェフの新店舗でスタッフを募集
    「レストランタテルヨシノ」のほか、広尾、直島などでもレストランを手掛ける吉野建シェフが、12月3日(月)、長野県・白馬村「シェイクスピアホテル」内に新店舗「othello(オセロ)」をオープン!新しい可能性にチャレンジする調理&サービススタッフ(社員・アルバイト)を募集します。条件等については、経験を考慮のうえ、面接時に相談。応募連絡先はラ・トルチュ西(TEL:03-6459-3713/y.latortuehiroo@gmail.com)まで。






  • 2018.10.16
    福井「谷口屋」の油揚げに限定商品「かどっこ」が登場

    福井「谷口屋」の油揚げに限定商品「かどっこ」が登場
    油揚げ消費額日本一を誇る福井県で、その一翼を担う「谷口屋」の丁寧に手作りされる油揚げ。揚げたては香ばしく、外はカリッ、中はふわふわと、その味わいは格別です。13cm四方・厚さ4cm・重さ約300gという大きさで、フライパンでステーキのように食べるのがオススメ。この度、特においしい角の部分だけを製品化した「かどっこ」が登場しました。量産が難しく、過去に通常販売を断念したこともある本商品が、クラウドファンディングサイト「Makuake」にて受注生産方式で11月16日 まで販売されています。詳細は下記サイトにて。






  • 2018.10.16
    自宅で育てて搾るお醤油「育てる醤油」

    自宅で育てて搾るお醤油「育てる醤油」
    株式会社 今しぼり(京都府綾部市)が現在、自宅で醤油を作る「育てる醤油」を通して、絞り立たてのおいしさを伝えるプロジェクトをクラウドファンディングサイト「Makuake」にて実施中。日本の各地方で受け継がれてきた昔ながらの醤油づくり(古式醸造法)と同じ方法で造られた「生きのいい醤油麹」が袋詰めの状態で届き、自宅で発酵・熟成させて、一番搾りのおいしさを味わうもの。日々変わる熟成度合いによって、味の変化も楽しむことができます。特製の卓上しぼり器でしぼった後は、栄養素が豊富なもろみもすべて食べ尽くして。詳細は下記サイトにて。






  • 2018.10.15
    パリで 8年連続2つ星「PASSAGE 53」フェアを開催

    パリで 8年連続2つ星「PASSAGE 53」フェアを開催
    ホテルニューオータニの人気フェア「世界で活躍する日本人シェフフェア」の第7弾が、11月2日(金)~4日(日)に開催されます。“パリで日本人調理スタッフだけで星を取りたい”と2009年に開業し、半年で1つ星、その1年後には2つ星を獲得。これまで8年連続2つ星に輝く佐藤伸一シェフ率いる「PASSAGE 53(パッサージュ サンカント トロワ)」チームが来日。ワイン好きとしても知られる佐藤シェフが厳撰したワインと、世界中のグルマンを魅了し続ける料理とのマリアージュをご堪能ください。ランチ21,000円、ディナー28,000円(税金・サービス料別/ニューオータニクラブ会員価格もございます)。詳細は下記サイトにて。






  • 2018.10.15
    クリスマスケーキ&シュトーレンの予約受付を開始

    クリスマスケーキ&シュトーレンの予約受付を開始
    ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテルでは、11月1日(木)より「パッショネート クリスマス」をテーマにしたクリスマスケーキ&シュトーレンの予約受付を開始。デザインを一新した「ノエル オ フレーズ」(4,860円)は、上質な生クリームと香り高い国産いちごをふんだんに使用した人気のショートケーキ。「アンジュ」(3,996円)はフランボワーズの真紅が華やかな、ホワイトチョコレートムースをベースにした新作です。「シュトーレン」(1,998円)は、5種類のフルーツを使用し、胡桃やアーモンドの食感、シナモンのスパイスをアクセントに焼き上げた人気商品。情熱的で心煌めくひとときを演出します。詳細は下記サイトにて。






  • 2018.10.12
    「第3回ジビエ料理コンテスト」開催

    「第3回ジビエ料理コンテスト」開催
    辻調理師専門学校は一般社団法人日本ジビエ振興協会に協力し、農林水産省「鳥獣利活用推進支援事業」の一環として「第3回ジビエ料理コンテスト」を開催。ジビエが日常的な食材として普及していくことを目指します。農林水産大臣賞、農林水産省農村振興局長賞、一般社団法人日本ジビエ振興協会 代表理事賞を選出。2019年1月に開催される「第5回日本ジビエサミットin徳島」内で表彰式を行います。メイン食材は国産イノシシ肉または国産シカ肉で、応募締切は2018年11月30日(金)。応募・詳細は下記リンクから。






  • 2018.10.12
    服部栄養専門学校が「調理HACCP講習」を開講

    服部栄養専門学校が「調理HACCP講習」を開講
    2018年6月に食品衛生法が改正され、HACCP(ハサップ)に沿った衛生管理の制度化が決定しました。今後、飲食店や六次産業など、食品を取り扱うあらゆる現場でHACCPに基づく衛生管理が求められます。そこで、服部栄養専門学校では、食中毒からお客様・お店を守り、信頼を築くための「調理HACCP公開講座」を開講。厚生労働省・道野英司氏と立命館大学客員研究員・今城敏氏を講師に迎え、今すぐ始められる準備や取り組みのポイント、HACCPの考え方を取り入れた調理現場の衛生管理の仕組みなどをわかりやすくレクチャーします。11月15日(木)13時より。受講料5,000円。また、受講修了者向け実践編として「調理HACCP演習」も2019年1月21日(月)~23日(水)に開講します。詳細は下記サイトにて。






  • 2018.10.10
    「ル・テタンジェ国際料理賞コンクール・ジャポン2018」審査結果発表

    「ル・テタンジェ国際料理賞コンクール・ジャポン2018」審査結果発表
    国際料理コンクールに直結したフランス料理コンクールとして、数多くの優れたシェフを輩出してきた「ル・テタンジェ国際料理賞コンクール・ジャポン」。52回目を迎える今回は、書類審査により8名が選出され、9月24日に行われた実技選考に臨みました。実技選考のテーマは、書類選考に提出したオリジナル・ルセットと、当日発表された課題ルセット「エクルヴィスのビスク、またはクーリー」を5時間で制作すること。厳正なる審査を経て、関谷健一朗さん(ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション)が優勝し、11月にパリで行われるコンクール・アンテルナショナルへの参加が決定しました。詳細は下記サイトにて。






  • 2018.10.10
    北海道を盛り上げるスペシャルスイーツを発売

    北海道を盛り上げるスペシャルスイーツを発売
    グランビスタ ホテル&リゾートが、震災に見舞われた北海道を盛り上げるため、2017年アジアのべストレストラン 50で「アジアのベストパティシエ賞」を受賞し、2018年「ゴ・エ・ミヨ ジャポン ベストパティシエ賞」にも輝いた成田一世氏と「ミルク」を使ったスイーツを考案。11月1日(木)より期間限定で販売されます。札幌グランドホテルでは、ベリーの酸味と香りを楽しみながらミルクとの相性を感じられる「シュクル フリュイ ルージュ(2,000円/税サ込)」を、札幌パークホテルでは、トリュフの芳醇な香りでミルクの新たな魅力が際立つ「シュクル トリュフ(3,000円/シャンパン1杯付き/税サ込)」を提供。道内の方々はもちろん、道外のお客様にもお召し上がりいただきたいスイーツです。詳細は下記サイトにて。



  • 2018.10.2
    「カフェ」をテーマ素材とした2商品を発売

    「カフェ」をテーマ素材とした2商品を発売
    フレデリック・カッセルの「Inspiration de Frédéric Cassel」として、「カフェ」をテーマ素材としたアイテムが登場。サクサクのシュー生地にほろ苦くコクのあるコーヒークリームを詰めた「ルリジューズ カフェ」(写真上/税込756円)は、伝統菓子をカッセル流に仕立てた一品。コーヒーが香るチョコレートガナッシュをはさんだ「マカロン カフェ」(写真下/税込260円)は、ほろ苦くもカカオの香り高いマカロンです。さらにこの時期は「フレデリック・カッセル ハロウィン スイーツ 2018」も展開。詳細は下記サイトにて。



  • 2018.10.1
    星のや軽井沢、鹿節薫る「ジビエおでん」登場

    星のや軽井沢、鹿節薫る「ジビエおでん」登場
    長野県・軽井沢の滞在型リゾート「星のや軽井沢」では、12月から2月までの期間限定で、シカ肉を乾燥させて作る鹿節(しかぶし)でとるだしと、イノシシ、キジ、ウサギなどのジビエ肉を味わうジビエのおでんを提供します。シカ肉の燻製を使った先付けや、ジビエのだしを味わい尽くす〆の太切り煮込み蕎麦なども用意。信州の冬の味覚を満喫できます。2018年12月1日〜翌2月28日、15,000円/1名(税・サ別、宿泊代別)。1日1組(2〜4名)のみ、星のや軽井沢の宿泊客限定の提供です。詳細は下記リンクから。



  • 2018.10.1
    軽井沢「ファーム・トゥー・テーブル2018」開催

    軽井沢「ファーム・トゥー・テーブル2018」開催
    軽井沢のガストロノミー・シーンを牽引する「美食リゾート軽井沢」が、今年もイベントを開催。地元軽井沢や信州各地の料理人たちが、秋の信州の豊かな食材で一度限りのフルコースを作ります。参加シェフは軽井沢「レストラン・トエダ」戸枝シェフ、「無彩庵池田」池田シェフ、「職人館」北沢シェフ他10名。11月18日(日)12:30より、軽井沢「ヴィラ・デ・マリアージュ」にて。参加費15,000円(10皿)、ペアリングコースはアルコール8,000円、ノンアルコール5,000円。問合せ、予約は
    info-spain@mbh.nifty.com へ。



  • 2018.9.28
    TKJ総選挙の結果、名称は【築地場外市場】に決定

    TKJ総選挙の結果、名称は【築地場外市場】に決定
    2018年10月、築地“場内”市場が豊洲に移転しますが、築地“場外”市場はそのまま築地に残ります。そこで、「築地場外市場の名称を決める選挙(略して、TKJ総選挙)」が7月2日~8月31日まで実施されました。その結果、8,669票の中から【築地場外市場】(有効票のうち54%)の名称に決定しました。10月1日(月)には新施設「築地魚河岸」もグランドオープン。日本の食文化を象徴・発展させていくエリアとして、プロの方も、グルメの方も楽しめる“場外”が新しくスタートします。



  • 2018.9.18
    エレガントに楽しむ「ハロウィーン・アフタヌーンティー」

    エレガントに楽しむ「ハロウィーン・アフタヌーンティー」
    シャングリ・ラ ホテル 東京28F「ザ・ロビーラウンジ」で、10月1日(月)~31日(水)まで「ハロウィーン・アフタヌーンティー」を販売。魔女の帽子を模したチョコレートが愛らしいパンプキンモンブランをはじめ、いちじくとブルーベリーで仕上げたオペラ、柿のタルトなど、遊び心あふれる、怪しげながらも華やかなスイーツが登場します。また、コウモリの形をした秋刀魚の蒲焼のサンドイッチや茸と銀杏のタルティーボなど、セイボリーも充実。20種類以上のティーコレクションとともに、リュクスな午後のひとときをご堪能ください。お一人さま4,800円(税・サービス料別途)。詳細は下記サイトにて。







  • 2018.9.11
    「調理科教員向け国産ジビエ料理セミナー」開催

    「調理科教員向け国産ジビエ料理セミナー」開催
    ジビエの安全な調理技術習得のためのカリキュラムを提供する「調理科教員向け国産ジビエ料理セミナー」が、11月3日(土・祝)に大阪で、2019年2月17日(日)に東京で開催されます。今年5月には「国産ジビエ認証制度」が制定されるなど、ジビエの一般消費拡大に向けて環境が整っていく中、未来の料理人が早い段階からジビエに触れ、正しい知識と調理技術を身につけることが急務であることから今回の開催に至りました。対象は全国の高等学校・専門学校・大学の調理科教員。参加費13,000円。詳細は下記サイトにて。




ログイン

まだ会員になっていない方

現在登録しているメールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた

パスワードを忘れた方へ

パスワードを忘れた方は以下のフォームに登録時のメールアドレスを入力し、送信して下さい。
ご登録されているメールアドレスに仮パスワードをお送りします。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録

パスワードを忘れた方へ

パスワードを忘れた方は以下のフォームに登録時のメールアドレスを入力し、送信して下さい。
ご登録されているメールアドレスに仮パスワードをお送りします。

ご注意:送信ボタンは一度だけ押してください。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録

パスワードを忘れた方へ

ご登録されているメールアドレスに
仮パスワードをお送りいたしました。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録