奥村文絵

  • 1
日本茶の新領域「生ボトルティー」に未来を懸ける。
「冬夏 tearoom toka」奥村文絵

その液体を口に含んだ途端、思わず目を見開き、息を止め、ひと呼吸置いてからそっと喉の奥に送り込む。というのが、ボトルティー「冬夏青青(とうかせいせい)」を初めて飲んだ時の多くの人の反応だ。無意識のうちに...

Read More ...

2023.03.30

  • 1

FEATURE