HOME 〉

NEWS

北参道「コンヴィヴィオ」辻大輔シェフが手掛ける

家族や友人と囲む イタリア伝統料理 “ボッリート・ミスト”

May 25, 2022

北参道のリストランテ「Convivio (コンヴィヴィオ)」 が、今年4月、新宿タカシマヤ タイムズスクエア本館14階にて、カジュアルレストラン「YUKA伊 (ユカイ)」 をオープンしました。

辻大輔シェフは、トスカーナを中心にイタリア現地で5年修業後、渋谷「ビオディナミコ」でシェフを務め、2012年独立。以降、和の食材の繊細な味わいを取り入れながら、伊・トスカーナの郷土料理を発信し続けています。

「YUKA伊」では「今の時代だからこそ、家族や親しい友人と楽しく食を囲む場を作りたい」とイタリアの伝統料理「 Bollito(ボッリート)」をメインメニューにチョイス。

ボッリートとは「茄でる」という意味のイタリア語で、牛、豚、 鶏などいろいろな部位の肉を塊のまま野菜とともにじっくり煮込む豪快なイタリアの伝統料理。コトコト煮込むことで硬い部位もやわらかくなり、子どもから年配の方まで食べやすく、素材の旨味もグッと深まります。

鍋に入ったボッリートには、シェフのセンスが光るサルサ ・ ヴェルデやツナのソース、ピクルスなど、オリジナルの薬味が添えられます。

肉のボッリートのほか、魚のボッリートも用意

オリジナルの薬味には、安曇野の「藤屋わさび農園」の葉わさびや、文政四年創業の信州味噌醸造元「大桂(だいけい)商店」の味噌、京都府宮津の「飯尾醸造」の純米富士酢、「やまつ辻田」の国産純粋種「堺鷹の爪」など、シェフが選んだ日本伝統の素材や調味料を使用。

そのほか、ディナーコースでは本店や通信販売でも大人気メニュー、ラザーニャも登場。こちらは通称 ‟飲めるラザーニャ”とも呼ばれるファンの多い逸品。コンヴィヴィオ自慢のミートソース、パスタ、ベシャメルソースとのハーモニーが楽しめます。


◎YUKA伊(ユカイ)
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2 タカシマヤ タイムズスクエア本館14F
☎03-5361-1650
https:// www.yuka-i.jp/
ランチ11 : 00~15 : 00(14:00LO)
ディナー17: 00~23 : 00 (21 :OOLO)
1月1日休 ※タカシマヤ タイムズスクエアの営業日に準ずる
テーブル席16席・座敷20席・個室4席
JR各線「新宿」駅新南改札・ミライナタワー改札徒歩2分(2F JR口直結)

【ランチ】パスタランチ¥1,980円、ランチコース¥3,300、YUKA伊コース¥8,250
【ディナー】ショートコース¥4,950、YUKA伊コース¥8,250、スペシャルコース¥11,000
<ドリンク>ソフトドリンク¥440~、グラスワイン¥660~、ワイン(ボトル)¥3,300~※価格は税込表示(サービス料なし)

料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。