HOME 〉

JOURNAL

〉

JOURNAL / ASIA

China[HongKong]
香港のフランス人シェフが次々に自店をオープン

Dec. 5, 2014

  • いっそう高まる香港のフレンチブーム。リードするのは来港し経験を重ねるフランス人シェフだ。地元の嗜好や食文化を知り尽くした強みに、国内外の生産者との交流や地元食材を駆使してサービスに臨む。また、香港のグランメゾンのシェフとして活躍した料理人たちが開いた店も昨今話題に。

    たとえば2014年8月、人気店「Mano」をリニューアルしてオーナーシェフとなったフレデリック・シャベー氏は、「アイランドシャングリ・ラ香港」での経験を生かし、香港フレンチの潮流を作り牽引する。料理には時代が求める軽やかさをクロスさせ、出身地である南西地方の伝統料理やオリジナリティ溢れるメニューを展開。地元農家の新鮮な有機食材に注目し、輸入物と違わぬ味わいのアサガオの葉や、香港で出会った有機ジャスミンの花など野菜や果物を積極的に採り入れ、新しい発見を期待する地元客を楽しませる。

    年内にはヤニック・アレノ氏も上陸するという。香港フレンチからますます目が離せない。
    (『料理通信』2014年12月号/「ワールドトピックス」より)

    ◎Mano
    G/F, The L Place, 139 Queen's Road Central, Hong Kong
    ☎+852-2399-0737 8:30 ~23:00 日曜休
    www.manohk.com





JOURNAL / ASIA





JOURNAL / EUROPE





JOURNAL / JAPAN





FEATURE / MOVEMENT





PEOPLE / PIONEER





FEATURE / WORLD GASTRONOMY





JOURNAL / AMERICA





JOURNAL / AUSTRALIA





PEOPLE / CREATOR





PEOPLE / CHEF





PEOPLE / LIFE INNOVATOR





MEETUP / REPORT





ログイン

まだ会員になっていない方

現在登録しているメールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた

パスワードを忘れた方へ

パスワードを忘れた方は以下のフォームに登録時のメールアドレスを入力し、送信して下さい。
ご登録されているメールアドレスに仮パスワードをお送りします。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録

パスワードを忘れた方へ

パスワードを忘れた方は以下のフォームに登録時のメールアドレスを入力し、送信して下さい。
ご登録されているメールアドレスに仮パスワードをお送りします。

ご注意:送信ボタンは一度だけ押してください。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録

パスワードを忘れた方へ

ご登録されているメールアドレスに
仮パスワードをお送りいたしました。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録