HOME 〉

JOURNAL / JAPAN

日本 [神奈川]

アイデアが光る独自ブランドの作出

在来種を守ることと新品種への挑戦が未来をつくる

Jun 25, 2016

完熟出荷でブランド化
「桝井ドーフィン」(イチジク)

かながわブランドにも登録されている「あしがらいちじく」は甘味が強くて、微かな酸味と独特の風味が特徴の品種「桝井ドーフィン」です。可能な限り、木で熟させてから出荷されるので、甘味や酸味、風味がより強くなっています。

イチジクは雨に弱いため、一つひとつ雨除けのビニールをかけて、収穫まで実を守ります。早朝に収穫し、パック詰めもその日のうちに。一定時間冷やしてすぐに出荷するのだそうです。 生食はもちろんですが、その濃厚さと香り高さは製菓材料としても重宝されています。期間限定で、ホテルスイーツの材料としても使用されることがあります。


爽やかな香りがクラフトビールに好相性
「湘南ゴールド」(柑橘)

「湘南ゴールド」は神奈川県の農業技術センターが開発した新品種です。「黄金柑」と「今村温州」を掛け合わせて開発。親の名前の「黄金」をとって名付けられました。ジューシーな甘味と、華やかな香りが特徴です。

生食はもちろん、ケーキやゼリー、サイダーなど、様々な加工品にも使用されています。また、その爽やかで華やかな果汁は、地元クラフトビール会社の“鼻”に留まり、クラフトビールの材料にも! その名を冠し「湘南ゴールド」として販売され、人々の喉を潤しています。

料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。

JOURNAL / JAPAN