HOME 〉

JOURNAL / WORLD

America [Beverly Hills]

人気シェフが提案するモダンアメリカン料理

Nov 11, 2016

  • ビバリーヒルズの五ツ星ホテル「Motage」(モンタージュ)に、6月6日に誕生した「Georgie」(ジョージー)は、 “モダンアメリカン料理”をベースとしたカジュアルダイニング。パートナーシェフのジェフェリー・ザカリアンは、ニューヨークをはじめ、全米で数軒のレストランを経営するベテランシェフだ。

    ローカル食材と季節の食材を生かし、より新鮮な料理を出すことが彼のモットー。モーニングは、ペストリーを始め「La Colombe」(ラ・コロンブ)のクラフトコーヒー、ヘルシーなシェイクやフレッシュフルーツをトッピングしたグラニータが楽しめる。ランチやディナーでは、スナック、スターター、メインのセクションがあり、タパススタイルでオーダーできるのも魅力。カンパチのタルタル、フムス、ハマチのポケ、ファラフェルなどグローバルなテイストが味わえる。

    また、バータイムのカクテルは、有名なカクテルエキスパートであるブライアン・ヴァン・フランデーンのクリエイション。「獺祭 磨き三割九分」を使った「Sake Verde」などのユニークなカクテルも人気を呼んでいる。
    (『料理通信』2016年10月号/「ワールドトピックス」より)

    ◎ Georgie
    Montage Beverly Hills 225 North Canon drive Beverly Hills, Ca 90210
    ☎ +1-310-860-7970
    7:00 ~翌0:30
    (カフェ、ディナー、バータイム有り。詳細はHP参照)
    無休
    www.georgierestaurant.com

料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。

JOURNAL / WORLD