HOME 〉

JOURNAL / WORLD

Australia [Sydney]

スリランカ料理に熱い視線

Dec 12, 2018

  • 少し前まで、オーストラリア人に人気の旅行先といえばバリ。その熱も今は冷めつつあり、目下注目されているのはスリランカだ。

    夏の旅行シーズンを間近に控えた7月、シドニー中心部近くにオープンしたのが、「ランカンフィリングステーション」。イタリアンなど数々の有名店で経験を積んだオタマキャリー氏が、スリランカ人の母から学んだ料理を提供する。店はモダンでシンプルな造りで、客自身がオーダー表に鉛筆で注文を書き込むというカジュアルなスタイル。スリランカのストリートフードであるココナッツミルク入り米粉生地を、2日間発酵させて作るクレープのような「ホッパー」が主役だ。

    周りがカリッとしたホッパーを手でちぎり、カレーにディップして食べる。4種類のサンボル(ココナッツベースのふりかけ)を付けて辛味や酸味、甘味を調整する。ホッパーの中心部は軽く酸味があるモチッとした食感で、味の変化が楽しめる。辛い料理に合うフルーティなワインのセレクトも見事だ。

    (『料理通信』2018年11月号/「ワールドトピックス」より)

    ◎ Lankan Filling Station
    Ground Floor, 58 Riley Street, East Sydney 2010
    ☎+61-2-8542-9936
    12:00~ 22:00 (土曜10:00~、日曜10:00~16:00)
    月曜休
    ホッパー 4 豪州ドル~
    www.lankanfillingstation.com.au

料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。

JOURNAL / WORLD